天野歯科医院 患者さん日記 Since2011年
2020年1月14日(3,132 日目)

20歳女性

先日、二十歳になったのを機に、2年ぶりに歯科検診をしようと思い立ち、家の近くの歯科医院へ受診しました。

そしてレントゲンを撮って診てもらったところ、驚いた事に16本もの虫歯が見つかってしまったのです。

歯が痛むということは2年間一度もなかったのですが、診てくれた歯科医師の先生からは、奥歯の歯と歯の間がほぼすべて虫歯になっていると説明を受けました。

しかも、歯と歯の間なので、治療のためのドリルが虫歯の部分に直接届かないため、周りの歯を削って銀の詰め物にする事になるとも言われたのです。

でも、上の歯はまだしも、下の歯は奥歯と言っても口を開けると結構見えてしまうので、すべての歯に銀の詰め物をした場合、銀がかなり見えてしまいます。

それにそもそも見た目はきれいな歯で、痛みも全くないのに、たくさん削って銀の詰め物をする必要が本当にあるのかと、疑問にも思ってしまいました。

そこで、なんとかして虫歯を削らないで治療ができないものかと思い、セカンドオピニオンの目的で来院されました。

お口の中とレントゲンを拝見すると、上下左右のほとんどすべての奥歯には、やはり歯と歯の間に虫歯と思われる黒い部分が認められました。

そこで、虫歯の大きさをレーザー光で診査するダイアグノデントで検査してみたところ、黒い部分はいづれも初期虫歯の段階という事がわかりました。

そのため、歯を削らないで虫歯を治すヒールオゾン治療と、今後の虫歯予防のために、歯質強化治療を行う事にしました。

また、ご自宅では、ペリオトリートという虫歯菌と歯周病菌をほぼ完全に殺菌できるうがい薬、マグネシウム歯磨きペーストオーラループという塗り薬を使ったペリオトリートトータルケアをしていただく事にしました。



患者さん日記アーカイブ 患者さん日記アーカイブへ
ドクター天野へのご相談はこちら ドクター天野へのご相談はこちら