新型コロナウイルスの感染と重症化を予防するお口の口腔ケア
お問合せが多い新型コロナウイルスに対する
ペリオトリートの有効性について

新型コロナウイルス殺菌消毒ペリオトリート
新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア/ペリオトリート画像
新型コロナウイルスの感染と重症化を予防する口の中の口腔ケア
新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア/ウイルス写真

新型コロナウイルスの感染予防として、マスクの着用や手洗い等と並んで、うがいも推奨されているのは、ご存じの事と思います。

つまり、口の中を清潔に保つ事が、新型コロナウイルスの感染予防になる事は、すでに周知の事実なのですが、実際のところ、お口の中を清潔に保つ目的は、ウイルスの感染予防だけではありません。

新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア/うがい

実は、口の中を清潔にして、歯周病や虫歯などがない健康な状態に保つ事は、新型コロナウイルスの感染リスクを低くするだけではなく、新型コロナウイルスに感染した場合でも、重症化を抑えられる可能性が高くなるのです。

口の中が健康な人は感染しにくく重症にもなりにくい
新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口中/口腔ケア研究

今まで、口の中の口腔ケアとウイルス感染症の関係については、大学などの研究機関で多くの研究調査が行われ、歯周病や虫歯などの口腔疾患があり、口の中の細菌が多い人は、インフルエンザウイルスに感染しやすく、重症化しやすいことが数多く報告されてきました。

例えば、2019年の日本大学歯学部の研究結果からは、口の中の口腔ケアで歯周病菌が減ると、インフルエンザウイルスへの感染率が低下するという事がわかっています。

口の中に歯周病菌が増えると、歯周病菌が作り出すタンパク質分解酵素のプロテアーゼが増え、このプロテアーゼが口の中の粘膜を破壊してしまいます。

口の中の粘膜は、ウイルスが体内に入る前の最初の防御壁になるため、プロテアーゼで粘膜が破壊されてしまうと、ウイルスが容易に吸着し体内へ侵入しやすくなってしまうのです。

新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケアア図3
出典:新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える(東京歯科大学名誉教授奥田克爾)

つまり、口の中に歯周病菌が増えて、プロテアーゼが粘膜を破壊してしまうと、少量のウイルスでも感染してしまう可能性が高くなってしまうわけです。

新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア肺炎

また、プロテアーゼを肺に誤嚥してしまうと、肺の肺胞と呼ばれる組織が破壊されてしまい、肺炎になるリスクが高くなるため、さらに新型コロナウイルスに感染するリスクが高くなってしまうのです。

口の中の口腔ケアでインフルエンザの感染と重症化の予防が可能
新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア歯科衛生士

実際、『新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える』という文章を発表している、東京歯科大学の奥田克爾名誉教授も、高齢者に対して、歯科衛生士が口腔ケアを行った結果、インフルエンザウイルスの感染率が1/10になった事を報告しています。

新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア図2
出典:新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える(東京歯科大学名誉教授奥田克爾)
新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア歯周病虫歯

また、奥田教授は、歯周病や虫歯などの歯科疾患があり、お口の清掃状態が悪い人は、インフルエンザウイルスに感染しやすくなる事も報告しています。

特に清掃状態が悪い高齢者は、口の中の歯周病菌や虫歯菌などの細菌の数が、数千億個にもなり、それらの細菌から出るプロテアーゼが粘膜を破壊して、ウイルスが吸着し体内へ侵入しやすくなってしまうため、インフルエンザウイルスに感染しやすくなる事を指摘しています。

新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア健康

そうした研究結果から、奥田教授は、歯周病や虫歯がなく、口の中の清掃状態が良い人は、インフルエンザウイルスに感染しにくいため、インフルエンザウイルスと同じエンベロープ構造を持つ、新型コロナウイルスへの感染リスクも低くなる可能性が高いという見解を示しています。

新型コロナ感染初期症状の味覚障害にも口腔ケアが関係している可能性
新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア/味覚障害

新型コロナウイルス感染の初期症状として、味覚障害が起こる事があるのは、ご存じの方も多いと思います。

実は、初期症状として味覚障害が起こるのは、舌や口の中の口腔粘膜に多く存在すると考えられるACEⅡ(アンジオテンシン・ツー)と呼ばれる受容体が関係している可能性が高いのですが、それと合わせて口腔ケアも関係している可能性が考えられるのです。

新型コロナウイルスと味覚障害 新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア/味覚障害詳細

口腔ケアとウイルス感染症の関係は100年前から研究されている

実は、口の中の健康状態と、ウイルス感染症の関係については、すでに100年以上前から調査研究が行われています。

新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口中/口腔ケア/アメリカ歯科医師会

例えば、アメリカの歯科医師会研究所の初代所長、そしてアメリカ歯科医師会会長を務めたWeston PRICE(1870-1948 年)は、ハーバード大学などの著名な医学教授陣などと共に、歯科治療と全身の健康について、多くの調査研究を行い『口腔の健康は全身の健康の基盤である』事を明らかにしました。

そして、その研究成果を1923年に『DENTAL INFECTIONS,Oral and Systemic』という本にまとめています。

その中には、100年前のスペインインフルエンザの感染拡大時の調査研究内容もあり、歯周病や虫歯などの歯科疾患のあった人達は、インフルエンザに感染して重症になる割合が高かったのに対して、歯科疾患のなかった人達は、インフルエンザに感染する割合が低かった事が記されています。

新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア図1
出典:新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える(東京歯科大学名誉教授奥田克爾)
口の中の口腔ケアが新型コロナウイルスの重症化を抑える
新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア疑問

それでは、どうして口の中を清潔にして、歯周病や虫歯などがない健康な状態を保つ事が、新型コロナウイルスに感染した場合でも、重症化を抑えられる可能性が高くなるのでしょうか。

まず、歯周病菌は血液を介して全身に広がり、糖尿病や動脈硬化などの全身疾患を悪化させる原因になる事が知られています。

そして、新型コロナウイルスに感染しても、軽症で済む方が多いなか、糖尿病などの持病がある方が重症化する傾向があるため、歯周病の方は、そういった意味でも、新型コロナウイルスが重症化するリスクが高くなるのです。

新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア図4

また、実際に新型コロナウイルスに感染すると肺の免疫力が低下し、ウイルス性の肺炎を起こします。

新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア図5

すると、ウイルス性肺炎により、肺の肺胞がダメージを受けます。

新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア図6

こうなると、通常は無害の細菌でも、ダメージを受けた肺胞が感染して、細菌性肺炎を起こしやすい状態になります。

新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア図7

その状態で、口の中の歯周病菌や虫歯菌などの細菌が肺に入ると、新型コロナウイルスによる肺炎に加え、口の中の細菌による肺炎を起こしてしまいます。

新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア肺炎

つまり、新型コロナウイルスによるウイルス性肺炎、そしてお口の歯周病菌や虫歯菌などによる細菌性肺炎が同時に起こり、ダブルアタックという状態により全身にウイルスが撒き散らされ、肺炎が重症化してしまうのです。

そのため、口の中を歯周病や虫歯などがない健康な状態に保つ事は、新型コロナウイルスに感染した場合でも、重症化を抑えられる可能性が高くなるのです。

次亜塩素酸水ペリオトリートで口の中を健康に保つ口腔ケア
新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア/次亜塩素酸水ペリオトリート

ペリオトリートは20秒間のうがいで、お口の中の虫歯菌と歯周病菌をほぼ完全に除菌し、歯垢(プラーク)も分解洗浄する口腔洗口液です。

新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア/コロナウイルス写真

また、厚生労働省や経済産業省から発表されている資料に基づいて、新型コロナウイルスに対するペリオトリートの有効性について検証した結果、新型コロナウイルスの除菌に有効な可能性も高いと考えられます。

ペリオトリート 新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア/ペリオトリート詳細

新型コロナウイルスに対するペリオトリートの有効性 新型コロナウイルスに対するペリオトリートの有効性詳細

参考資料:【奥田克爾監修】オーラルヘルスと全身の健康 新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケアと全身の健康

『新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える』【東京歯科大学名誉教授奥田克爾】 新型コロナウイルス/感染重症重篤化予防/口腔ケア/歯科オーラルケア論文

ドクター天野へのご相談はこちらへ 新型コロナウイルス感染重症重篤予防/口腔ケア/歯科オーラルケア相談