次亜塩素酸電解水のノロウイルス予防殺菌効果
お問合せが多い新型コロナウイルスに対する
ペリオトリートの有効性について

新型肺炎コロナウイルス殺菌消毒ペリオトリート
次亜塩素酸電解水のノロウイルス予防殺菌効果について
ノロウイルス予防殺菌水次亜塩素酸電解水電顕

ノロウイルスは、感染性胃腸炎や集団食中毒を引き起こすウイルスとして、毎年流行が話題になっていますが、ノロウイルスについては、まだワクチンなどが無く、治療は水分補給をするための輸液などの対症療法に限られます。

予防法としては、食品の加熱、手洗いなどが推奨されていますが、その中でノロウイルスの感染経路が経口感染(口を介しての感染)のため、うがいも予防法に挙げられています。

また、ノロウイルスは、エタノールや石鹸での殺菌効果は低いけれども、次亜塩素酸ナトリウム(いわゆるハイターなどの塩素系漂白剤の主成分)での殺菌効果は高いことがわかっています。

ですので、ノロウイルスの特性から、次亜塩素酸電解水はノロウイルスへの予防殺菌効果もかなり期待できると考えられています。

ノロウイルスの特性と研究の現状
ノロウイルス予防殺菌水次亜塩素酸電解水研究

ノロウイルスの検査や治療法の確立、ワクチンを作るための研究は、現在のところ、他のウイルスと比べて格段に遅れているのが現状です。

その理由は、ウイルスについての研究を行うために欠かせない、ウイルスを研究室で増殖させる方法が、ノロウイルスについては、まだ見つかっていないことが、大きな理由です。

また、ノロウイルスに対しては、従来の手洗い用の消毒液として使用されるエタノール消毒液や石鹸での殺菌消毒効果はほとんど無く、手洗いはウイルスを物理的に落とすことが、主な目的としてあげられています。

ただ、ノロウイルスに対しては、いわゆるハイターなどの塩素系漂白剤の主成分、次亜塩素酸ナトリウムでの殺菌効果が高いことがわかっています。

ほぼすべてのウイルスへの殺菌効果があった次亜塩素酸電解水

次亜塩素酸電解水については、様々な研究機関が、次亜塩素酸電解水の歯周病菌、虫歯菌への強い殺菌力に着目して、インフルエンザウイルスなどを中心に様々なウイルスへの殺菌効果を研究していました。

ノロウイルス予防殺菌水次亜塩素酸電解水学会

そして、2010年の秋には、次亜塩素酸電解水が新型インフルエンザウイルスを10秒間で99.9%殺菌することが歯科大学の医学部ウィルス制御学分野の研究で証明され、2010年11月8日に第58回日本ウイルス学会で発表されました。

大学の研究では、従来の手洗い用の消毒液として使用されるエタノール消毒液が新型インフルエンザウイルスを殺菌するまで1分間掛かるのに対して、次亜塩素酸電解水は10秒間で99.9%の新型インフルエンザウイルスを殺菌出来ることを確認しました。(殺菌力はエタノール消毒液の1500倍以上)

さらに、この研究では、次亜塩素酸電解水が、新型インフルエンザウイルス、A香港型インフルエンザウイルスを含むあらゆる型のインフルエンザウイルス、ポリオウイルス、ヘルペスウイルス、SARSウイルス、アデノウイルスも10秒間で99.9%殺菌することが確認されました。

次亜塩素酸電解水の新型インフルエンザ殺菌効果 次亜塩素酸電解水のノロウイルス予防殺菌効果,次亜塩素酸電解水の新型インフルエンザ殺菌効果詳細

ノロウイルス予防殺菌対策としての次亜塩素酸電解水の有用性

ノロウイルスへの予防殺菌対策として、次亜塩素酸電解水が有用なのは、短時間で様々なウイルスへの殺菌効果が高いというだけではなく、次亜塩素酸電解水が人体への影響がほとんど無く、またうがい用として作られている点にもあります。

ノロウイルス予防殺菌水次亜塩素酸電解水うがい

台所用の漂白剤では、手を直接洗ったり、うがいをしたりすることは出来ませんが、次亜塩素酸電解水であれば、手洗いやうがいも出来るので、その点でもノロウイルスへの予防殺菌効果が期待できるわけです。

次亜塩素酸電解水ペリオトリート

ペリオトリートは、歯周病菌と虫歯菌をほぼ完全に除菌する能力に加えて、歯に付着した歯垢を分解して、除菌洗浄する能力も合わせて持っている口腔洗口液です。

また、厳しい検査に合格した無菌施設工場で、厳密な管理のもと製造されている口腔洗口液ですので、安心してご使用いただけます。

ペリオトリート 次亜塩素酸電解水ペリオトリート詳細

ドクター天野へのご相談はこちらへ ノロウイルス殺菌相談