歯科のセカンドオピニオン
歯科のセカンドオピニオンについて
歯科セカンドオピニオン

誰でも、一人のドクターでずっと満足いく治療が受けられれば、それに越したことは無いと思うものですが、現実には、ドクターの経験、技量、考え方などが違い、患者さんは、しばしば、この治療方針で本当に良いのだろうか?という疑問を抱くことは、少なくありません。

そうした時に、アメリカなどでは、他のドクターに意見を聴くセカンドオピニオンという方法が一般的です。日本では、少し前まで、今掛かっているドクターになんとなく後ろめたいという気持ちもあり、なかなか治療中に他の医療機関を受診しにくいところがありました。しかし近年、医科の分野では、セカンドオピニオン外来を新たに設ける医療機関も増えてきて、一般的になってきています。

歯科でも、このセカンドオピニオンの考え方は徐々にですが広まってきていて、この頃ではドクター自ら、患者さんに他の医療機関でセカンドオピニオンを聴くように薦める場合もあります。

下の治療例は、歯の根の割れ、歯の根の病気、歯槽膿漏などで、他の歯科医院で抜歯と言われ、セカンドオピニオンを求めていらした患者さんです。結果的には、抜歯しないで歯が保存できました。

当院のセカンドオピニオンについての記事が産経新聞に掲載 歯科セカンドオピニオン産経新聞詳細

歯科セカンドオピニオンで来られた方の治療例(48歳女性)
歯科セカンドオピニオン治療前
治療前

元々神経を抜いて被せ物をしていた歯でしたが、被せ物が土台と一緒に取れてしまい、他の歯科医院で 『抜歯してインプラントかブリッジになる』 と言われてセカンドオピニオンを求めて来院された方です。

被せ物が取れてから半年ほど放置してしまったので、写真のようにかなり虫歯が進んでいましたが、歯科用CTスキャンでのレントゲン診査の結果、歯の根はまだしっかりしているようでしたので、様々な処置をして、抜歯しないで治療することにしました。

歯科セカンドオピニオン治療後
治療後

写真は治療後の状態です。
まず、クラウンレングスニング(歯茎の処置)を行い、歯の根の健康な部分を歯茎の上に出しました。

また、歯の根の中に穴が開いていたので、歯の根の専門医によって顕微鏡下にて、穴を塞ぎました。それから歯の根の強化のためにファイバー樹脂の心棒を土台に立てて、被せ物を被せ、結果的に抜歯しないで歯が残せました。

クラウンレングスニング 歯科セカンドオピニオン/クラウンレングスニング詳細

歯科セカンドオピニオンで来られた方の治療例(61歳女性)
歯科セカンドオピニオン治療前3
歯槽膿漏の治療前

他の歯科医院で診査の結果 『歯槽膿漏が進んでいて、歯がグラグラなので、全部歯を抜歯して総入れ歯にするしかないです』 と言われ、セカンドオピニオンを求めていらした方です。

お口を拝見すると、確かにお口全体で歯槽膿漏が進んで、全体的な歯茎の腫れと出血が見られ、歯も何本も揺れているのが確認できました。

しかし、レントゲン診査の結果、歯を支える歯槽骨の吸収(溶け)がそれほどでもなかったため、抜歯しないで治療することにしました。

また、この方は糖尿病と高血圧で肥満気味のため、これらの生活習慣病も歯槽膿漏を悪化させる要因になっているようでした。

歯槽膿漏と糖尿病の関係 歯科セカンドオピニオン歯槽膿漏と糖尿病の関係詳細

歯科セカンドオピニオン治療後3
歯槽膿漏の治療後

歯槽膿漏の治療後の写真です。歯槽膿漏により一本ずつの歯を支えている歯槽骨の量が少なくて歯が揺れている部分を補うため、すべての歯をブリッジタイプの差し歯でつないで固定することにしました。

全体的に歯槽膿漏の処置も行ったので、歯槽膿漏だった歯茎も健康になり出血もなくなりました。

歯槽膿漏が悪化した要因の糖尿病と高血圧については、全身状態を改善して身体全体から歯槽膿漏を治療する全身管理による歯科治療の一環として、ソデッシュという糖尿病や高血圧を引き起こす因子の活性酸素を除去するサプリメントを処方しました。

結果として糖尿病と高血圧も改善が見られ、それによって全身状態も良くなり、体重も食事指導によって減ったため、歯槽膿漏の再発が無い状態を保っています。

また、治療後はパーフェクトペリオホームケアを使用していただくことで、お口の中に虫歯菌と歯周病菌が居ない状態を保つことによって、歯も歯茎も良い状態を長く保っています。

ソデッシュ 歯科セカンドオピニオンソデッシュ詳細

パーフェクトペリオ 歯科セカンドオピニオンパーフェクトぺリオ詳細

歯槽膿漏と全身管理の関係 歯科セカンドオピニオン歯槽膿漏と全身管理関係詳細

歯科セカンドオピニオンを聴きにいらした方の治療例(41歳男性)
歯科セカンドオピニオン治療前2
割れた歯の治療前

奥歯が割れていらした方です。 以前から虫歯があるのは、指摘されていたそうですが、割れるとは思っていなかったそうで、行きつけの歯科医院では、即抜歯という診断でした。

歯科用CTスキャンでのレントゲン診査を行ったところ、幸運にも、根の神経の管と管の間で歯が割れていたので、神経の処置をして、抜歯しないで残すことにしました。

歯科セカンドオピニオン治療中2
割れた歯の治療中

写真は、根の治療を終えて、割れ目を接着剤でふさいだところです。この状態でしばらく仮歯を装着して噛めるかどうか確認します。


歯科セカンドオピニオン治療後2
割れた歯の治療前

仮歯でしばらく様子を見て、痛みが無く普通に噛める状態を確認した後に、最終的な被せ物を被せて外側からもひび割れを抑え 、結果的に抜歯しないで歯が残せました。


当院のセカンドオピニオンについての記事が産経新聞に掲載 歯科セカンドオピニオン産経新聞情報

費用と注意事項 歯科セカンドオピニオン費用詳細

歯科のセカンドオピニオン治療の患者さん日記 歯科セカンドオピニオン評判

歯科のセカンドオピニオンについてのよくある質問 歯科セカンドオピニオン質問詳細

ドクター天野へのご相談はこちらへ 歯科セカンドオピニオン相談リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約