歯を固定して抜歯しない治療法 ウイングロック
歯を固定して抜歯しない治療 ウイングロックとは
抜歯しない治療ウイングロック歯

ウイングロックは、抜歯しない治療の時に使用する、特殊な形状記憶のチタン合金の金具で、被せ物などをすることなく、2本以上の歯を繋いで固定する事が可能です。

抜歯しない治療歯槽膿漏

特に歯槽膿漏、歯周病で歯が揺れて、抜歯以外の治療法の選択肢がない場合でも、ウイングロックで揺れている歯と揺れていない歯を繋ぐと、抜歯しないで治療できる場合があります。

抜歯しない治療ブリッジ

また大きなブリッジが途中から折れてしまったり、一部分だけ外れてしまって、すぐには新しいブリッジが作れない状況の時などにも、ウイングロックでブリッジを繋いで固定するなど、様々な状況で応用が可能です。

歯を固定して抜歯しないウイングロック治療の手順
抜歯しない治療ウイングロック金具

ウイングロックは、形状記憶のチタン合金で、蝶々の羽のような形をしています。

抜歯しない治療ウイングロックドリル

まず、ウイングロック専用の先端部が円錐形になっているドリルで、繋げて固定する2本の歯にそれぞれ溝を作ります。

歯に人工の金属やセラミック等の被せ物や詰め物が入っている場合には、その人工物に溝を作ります。

抜歯しない治療ウイングロック器具

専用の器具で、ウイングロックの羽を閉じます。

羽が閉じた状態のウイングロックを、2本の歯にまたがるように、歯に作った溝に差し込みます。

抜歯しない治療ウイングロック熱器具

ウイングロックの中央部に器具で熱を加えると、形状記憶合金のウイングロックは、元の状態に戻ろうとして羽が開きます。

この時、歯の溝が逆円錐形をしているため、ウイングロックの羽が円錐形の広い部分で開きます。

抜歯しない治療ウイングロック完了

歯に作った逆円錐形の溝とウイングロックの羽の効果で、2本の歯がしっかり繋がり固定され、歯が揺れなくなります。

抜歯しない治療ウイングロックレーザー

この後、溝の部分が天然の歯の場合には、接着剤などで埋めて完了しますが、被せ物などの金属の場合には、ウイングロックと被せ物をプラズマレーザーで溶接して、より強固な固定にします。

プラズマレーザー治療 抜歯しない治療/プラズマレーザー治療ストリーク詳細

*ウイングロック治療には適応症があります。

抜歯しない治療法ページへ 抜歯しない治療法詳細

ドクター天野へのご相談はこちらへ 抜歯しない治療相談リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約