マウスピース矯正治療
マウスピース(クリアアライナー)矯正治療について
マウスピース矯正治療写真

以前は矯正治療は針金がお口の中に長い年月入るものという概念がありましたが、近年針金を使わず、透明なマウスピース(クリアアライナー)を患者さん自身が付けはずしして、矯正をする方法が開発され効果を上げています。

すでに米国では、このマウスピース矯正治療が一般的に広く行われています。

マウスピース矯正治療の特徴

マウスピース矯正治療は、まず患者さんの歯型を採り、その歯型の上で歯を動かして、それをもとに透明なマウスピースを作ります。

そして患者さんは、出来るだけ長い間その透明なマウスピースをお口の中に入れて噛むことで、歯型と同じように歯が動いていくというものです。

最初から、歯型の上で理想的な歯並びのマウスピースを作っても、実際のお口には、うまくはまりませんので、1~2mm単位で歯型の歯を動かし、3~4週間に1度マウスピースを交換していきます。

最終的に矯正が終わるのは、通常の針金の矯正装置を使った場合より多少長くなりますが、その間針金がお口の中に入ることは殆どありませんので、針金による不快感や見た目の悪さなども回避できます。

特に以下の点が従来の矯正治療と比べて優れています。

装置が見えない。

マウスピース矯正治療は、透明なマウスピースを使っていますので、日常生活で入れていても、少し離れたところから見ると、何も入れていないように見えます。

治療手順がシンプル。

マウスピース矯正治療は、来院時に新しいマウスピースをお渡しするだけですので、時間の掛かるお口の中の針金などの調整がありません。

患者さん自身が装置を着脱出来る。

マウスピース矯正治療は、マウスピースを出し入れする方法ですので、大切な行事などの時や食事の時などは、患者さん自身でマウスピースを外すことが出来ます。

治療が快適。

マウスピース矯正治療は、針金が歯の裏側に付く、舌側矯正と違い、針金がありませんので、装着していても舌や頬の違和感がありません。また食事の時には外しますので、食べ物が装置に付くことも無く、快適です。

注意:歯並びによって、マウスピース矯正治療が適応症でない場合や、矯正治療の前後に、歯の動きを速めたり仕上げの目的で、短期間通常の針金が入る場合もあります。

マウスピース矯正治療の治療例
マウスピース矯正治療前

矯正をご希望でいらした方です。お仕事柄、矯正の針金が見えるのは困るとのことでした。診査の結果、マウスピース矯正治療の適応症でしたので、マウスピース矯正治療をすることにしました

マウスピース矯正治療後

マウスピース矯正治療後の状態です。患者さんが良くマウスピースをつけてくださったので、歯がわりあいスムーズに動きました。

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約