歯を削らない歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療
ホワイトスポット(歯の白い斑点)とは
(歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療写真

白いチョークで書いたように見える歯の表面の白い斑点は、専門用語ではホワイトスポットと呼ばれています 。

ホワイトスポットには、歯の表面のエナメル質が酸性になることによって、エナメル質のカルシウム成分が少なくなり、脱灰という虫歯の初期症状を起こして、白濁してしまうものと、エナメル質形成不全という歯ができる時に起こる白濁の2種類に分類されます。

従来までのホワイトスポットの治療法は、白い部分を削ってプラスチックで詰めるか、カルシウムを補う歯磨き粉を使用して、時間を掛けて自然治癒を待つなどの方法しかありませんでした。

しかし現在では、初期虫歯とエナメル質形成不全のホワイトスポットのそれぞれに、削らないで治療する方法があります。

エナメル質形成不全を削らないホワイトスポット治療オーラループ

エナメル質形成不全は、乳歯から永久歯に生え変わる前に、永久歯が歯茎の中で作られる段階で、なんらかの原因により、エナメル質が完全にできず、そのまま永久歯が生え変わってしまった状態の事です。

エナメル質形成不全によるホワイトスポットは、初期虫歯が原因のホワイトスポットが、エナメル質の表面で起こっているのとは違い、エナメル質の内部でホワイトスポットが発生しているので、治療方が異なります。

歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療エナメル質形成不全薬

オーラループは、私達の体の中にもともと存在する三リン酸5Na(ポリリン酸)を主成分にした塗り薬ですが、ポリリン酸の組織を再生させる効果によって、エナメル質形成不全になっているエナメル質を再生させる効果があります。

歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療エナメル質形成不全レーザー

オーラループでのエナメル質形成不全のホワイトスポット治療は、オーラループを歯に浸透させるために、事前にプラズマレーザー歯質強化改善処置を行います。

歯の歯質強化処置を行った歯面は、通常の歯面の約6倍、薬剤がエナメル質内部に浸透するようになります。

歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療エナメル質形成不全マウスピース

この後、オーラループをイオン導入してから、マウスピースにオーラループを入れて就寝する処置を繰り返し、エナメル質内部のエナメル質形成不全部分のエナメル質を徐々に再生させます。

*オーラループのみの使用では効果はあまりありません。

オーラループ 歯を削らないホワイトスポット治療オーラループ詳細

プラズマレーザー 歯を削らないホワイトスポット治療プラズマレーザー詳細

初期虫歯を削らないホワイトスポット治療 アイコン

初期虫歯が原因で起こるホワイトスポットは、歯の表面のエナメル質が酸性になることによって、エナメル質のカルシウム成分が少なくなり、脱灰という虫歯の初期症状を起こして、白濁してしまっています。

アイコンは、酸によって脱灰したエナメル質に特種な薬剤をしみこませることによって、歯を削ることなく、また早期にホワイトスポットを改善させ、エナメル質からミネラルが溶け出すのを防ぎます。

また、アイコンはエナメル質を補強して酸性になるのを防ぎ、ホワイトスポットの再発を防止する効果もあります。

アイコン治療 歯を削らないホワイトスポット治療アイコン詳細

ホワイトスポット治療体験動画
歯を削らないホワイトスポット治療アプリ

歯を削らずにホワイトスポットを治す治療は、ドクター天野が、歯を削りたくない、神経を抜きたくない患者さんのために制作したスマホとタブレット端末用の最新治療体験アプリ【歯を守り隊】に追加予定ですが、現在は動画でご覧いただけます。

【歯を守り隊】では、ホワイトスポット治療以外にも、歯の寿命を延ばす様々な最新治療を、思わず手で触れたくなるような浮き上がる動画(AR動画)で体験できます。


歯を削らないホワイトスポット治療動画

歯を削らない最新治療体験アプリ 歯を削らないホワイトスポット最新治療アプリ詳細

歯を削らないホワイトスポット治療例
歯を削らないホワイトスポット治療例

様々な歯を削らないホワイトスポットの治療を受けられた方々の治療例写真と、歯を削らないホワイトスポット治療の詳しい解説です。

ホワイトスポットの治療例 ホワイトスポットの治療例詳細

歯を削らない治療ページ歯を削らない治療詳細

ホワイトスポット治療の患者さん日記歯を削らないホワイトスポット治療評判

ドクター天野へのご相談はこちらへ 歯を削らないホワイトスポット治療相談詳細

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約