顎関節症の治療法
顎関節症とは
顎関節症治療写真

顎関節症は、現代病のひとつとして、最近特に多くの方に見られるようになってきました。

顎関節症は、下顎の関節頭が頭蓋骨にある関節円盤に不均等にあたることによって、関節全体に負担がかかり、雑音や痛み、口が開かなくなるなどの症状が起こる病気です。

一般的な顎関節症の治療法
https://amanodental.com/img/a_picture.jpg

顎関節症は、関節の病気なので歯科の専門分野の中では、口腔外科に分類されます。

口腔外科での顎関節症の治療は、関節に電気的な刺激を与えるマイオモニターといわれる治療、歯にはめるスプリントを作る治療、関節を手術する治療などがあります。

顎関節症治療のスプリントは一般の歯科医院でも簡単に作れるので、試された方も多いと思います。

ところが、顎関節症のこれらの治療では手術も含めて、顎関節症を完治させることは難しい場合が多いのです。

顎関節症の原因

顎関節症の原因については諸説ありますが、多くの場合、歯の噛み合わせがなんらかの要因によりずれてしまい,下顎が不均等に動いて顎関節に負担をかけていることです。

下顎が左右のどちらかにずれて顎関節症になっている

下顎が左右のどちらかに不均等にずれてしまい、顎関節に負担をかけて顎関節症になっている状態です。この状態は簡単に自分で確認できます。

歯を噛み合わせて鏡を見てみると、上の歯の真ん中の線と下の歯の真ん中の線(以後正中線と言います)がまっすぐであれば、下顎はずれていませんが、下顎の正中線がどちらかにずれていると、顎がずれている可能性が高くなります。

上下の噛み合わせが低くなって顎関節症になっている

上下の噛み合わせが全体的に低くなって、下顎が後ろにずれてしまい、顎関節に負担をかけて顎関節症になっている状態です。

この状態もおおよそ自分で確認することは可能です。歯を噛み合わせて鏡を見てみると、通常下の歯は上の歯に上から1/3程度覆われて、歯茎から2/3くらいが見える状態になります。

ところが、噛み合わせが低くなって下顎が後ろにずれているときは、下の歯が上の歯に2/3以上覆われてしまい、下の歯はほとんど見えなくなってしまうことが多いのです。

低い深い噛み合わせ 顎関節症治療低い深い噛み合わせ詳細

顎関節症の治療例(47歳女性)
顎関節症の治療法
顎関節症の治療前

前歯を何とかしたいとのことで来院された方です。いろいろお話を聞くと、左顎が常にカクカク音がして、左肩にひどい肩こりを感じている顎関節症の症状が出ていました。

診査の結果、左右の奥歯の被せ物のバランスが取れておらず、下顎が左にずれて顎関節症になっていることがわかりました。正面から見た顔の形も左側がやや張り出したようになっていました。

顎関節症の治療法
顎関節症の治療後

顎関節症の治療後の写真です。前歯と古い被せ物をすべてジルコニアオールセラミッククラウンに変え、それと共に、下顎を右に戻すように噛み合わせを作り直しました。

またジルコニアオールセラミッククラウンによって安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)の状態を作りました。

下顎の位置が正常に戻ったので、顎関節症が原因だった顎の音が消え、肩こりもなくなりました。お顔も左右対称に近づけることが出来ました。

安定した噛み合せ(犬歯誘導) 顎関節症治療,安定した噛み合せ,犬歯誘導詳細

顎関節症の治療例(49歳女性)
顎関節症の治療法
顎関節症の治療前

右の写真は、顎関節症で口が開かなくなってしまい、来院された患者さんです。この方の場合、下顎のずれと上下の噛み合わせが低いという二つの要因で顎関節症になっていました。

写真では、下の歯の正中線が向かって右側にずれています。また、上の前歯の長さが短い事もおわかりになると思います。つまり下顎は左に不均等にずれていて、左の顎関節により大きく負担をかけて顎関節症になっている状態です。

この場合の下顎のずれを引き起こした原因は、上顎の被せ物にありました。上顎にはたくさんの被せ物が入っていましたが、これらの被せ物の高さや形が不適切なため、長い年月で下顎がだんだん後ろと左にずれてしまい顎関節症になってしまったのです。

顎関節症の治療法
顎関節症の治療後

顎関節症の治療後の状態です。上顎の被せ物をすべて新しいセラミックの差し歯にし、下顎との噛み合わせを改善することによって、下顎を右に戻しました。

画面では、上下の歯の正中線は完全には合っていませんが、噛み合わせの高さを改善し、差し歯によって安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)の状態を作ることにより、顎関節症は完治しました。

顎関節症の治療例 (31歳男性)
顎関節症の治療法
他院のマウスピースを装着した状態

長年、顎関節症をわずらって、他院で顎関節症を治すために、顎関節症治療用の硬い大きなマウスピースを長期にわたって使用していた方です。

ところが、この顎関節症治療用の硬いマウスピースを長期に使っていたために、顎関節症治療用マウスピースによって、歯全体が歯茎に向かって沈んでしまい、 顎関節症治療用のマウスピースをはずすと上下の歯の噛み合わせが殆どなくなってしまっていました。

顎関節症の治療法
他院のマウスピースを外した治療前
(上)

右の写真は、顎関節症治療用マウスピースをはずしたところです。前歯の2点以外は、上下の歯が当たるところがありません。

このため、顎関節症治療用マウスピースをしていない食事時などには、顎が安定せず、情緒不安定になってしまい、お仕事もやめてしまいました。

顎関節症の治療法
顎関節症の治療後(下)

顎関節症の治療後の状態です。上の歯すべてと下の奥歯をジルコニアオールセラミッククラウンによって、かさ上げし、安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)の状態を作ることにより、顎関節症治療用マウスピースなしでも安定した噛み合わせが出来るようにしました。

顎関節症の治療後は生活が改善し、お仕事にも復帰できました。

安定した噛み合せ(犬歯誘導) 顎関節症治療,安定した噛み合せ,犬歯誘導詳細

顎関節症の治療例(43歳女性)
リンク
顎関節症治療前

顎の音と痛みを訴えていらした方です。診査の結果、前歯の上下が空いていて、安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)が確立しないことで、下の顎が安定せず、また下顎の中心が、向かって左側に大きくずれていることがわかりました。

リンク
顎関節症治療後

上の奥歯すべてと糸切り歯をジルコニアオールセラミッククラウンに変え、 全体の噛み合わせを下げて上下の前歯が当たるようにし、安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)の状態を作ることにより顎を安定させました。

それと共に、下顎 の中心が上顎の中心に来るように、噛み合わせを作り直しました。

下顎の位置が正常に戻ったので、顎の音が消え、痛みもなくなりました。ジルコニアオールセラミッククラウンにしなかった上下の前歯は、ホームホワイトニングをして白くなりましたので、見栄えも良くなりました。

費用と注意事項 顎関節症費用

他の顎関節症の治療例 顎関節症治療例2

顎関節症治療の患者さん日記 顎関節症治療評判

ドクター天野へのご相談はこちらへ 顎関節症治療相談

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約