虫歯診断装置ダイアグノデントペン(歯面状態認識装置)
虫歯診断装置ダイアグノデントペン機器

従来の鋭利な歯科診断器具を使った虫歯の診査では、歯を傷めてしまったり、深いところの診査は出来ませんでした。

虫歯診断装置ダイアグノデントペンは、レーザー光を使った診査を行うことによって、歯を傷めずに深いところの虫歯の診査も出来るようになりました。

虫歯の程度が数値で表示されますので、より正確な虫歯の診断が可能です。もちろん診査での痛みなどは全くありません。

虫歯診断装置ダイアグノデントペンの原理
虫歯診断装置ダイアグノデントペン原理

虫歯診断装置ダイアグノデントペンは、歯面に655ナノメートルのレーザー光を照射することで起こる蛍光反射を測定し、隠れた虫歯や歯の最表層のエナメル質の下の虫歯を検出し、その状態を数値化します。

このレーザー光線は、最大2mmの深さまで到達し、健康な歯質には低い値が示されますが、虫歯の場合には、高い値が示されます。

虫歯診断装置ダイアグノデントペンの特徴

虫歯診断装置ダイアグノデントペンは、従来までの視診、プローブと呼ばれる鋭利な歯科診断器具での診査、拡大鏡での診査、レントゲン診査などでは見つけにくかった虫歯もより正確な診査が可能です。

虫歯診断装置ダイアグノデントペン特長1
虫歯診断装置ダイアグノデントペン特長2

また虫歯診断装置ダイアグノデントペンは、サファイア製の診査器具を使用して、レーザーにより歯質の状態を診査するため、通常の鋭利な歯科診断器具を使用したときに起こりえる歯へのダメージを与える心配がありません。

ダイアグノデントに関する新聞記事はこちらをご覧ください。

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約