歯を削らないブリッジ ヒューマンブリッジ
歯を削らないブリッジ ヒューマンブリッジについて
歯を削らないブリッジヒューマンブリッジ前歯治療後

ヒューマンブリッジは数年前に開発された新しいブリッジの治療法です。

従来までのブリッジは、土台となる両隣の歯を大きく削る必要がありましたが、ヒューマンブリッジは歯の表面に浅い溝やくぼみを作るだけで、固定式のブリッジを作ることが可能です。

歯にとって一番大切なエナメル質を残してブリッジを作ることが可能なため、歯へのダメージが少なく、将来的にブリッジの下が虫歯になるリスクも低くできます。

歯を削らないブリッジヒューマンブリッジ前歯治療中

また、ブリッジは歯を削るので避けたいけれど、骨の量や全身疾患、手術が怖い、期間が掛かるなどの理由でインプラントが出来ない方、入れ歯の見栄えや噛み心地に満足できない方などにも応用可能です。

●別の素材を使用した、取り外しではなく金属を使用しない固定式の歯を削らないブリッジも可能になりました。

歯を削らないブリッジ ヒューマンブリッジの特徴

ヒューマンブリッジには、従来までのブリッジ、入れ歯、インプラントなどと比べて、下記のような優れた特徴があります。

歯を削らないブリッジ ヒューマンブリッジは歯へのダメージが少ない

歯を削らないブリッジヒューマンブリッジ従来型

従来までのブリッジは、歯を失った部分の両隣の歯を被せ物にする必要があったため、虫歯でなくても歯の最表層のエナメル質をすべて削り取る必要がありました。

歯を削らないブリッジヒューマンブリッジ図1

しかし、ヒューマンブリッジはエナメル質の表面に浅い溝を数ヶ所入れるだけで、硬く虫歯になりにくいエナメル質がほぼそのままの形で残りますので、治療による歯へのダメージはほぼありません。

歯を削らないブリッジ ヒューマンブリッジは虫歯になりにくい

歯の最表層はエナメル質という虫歯になりにくい層で覆われていますが、その下の象牙質は比較的やわらかく、虫歯になりやすい層です。

従来までのブリッジは、このエナメル質をすべて削り取って、象牙質を露出させて被せ物を作っていましたので、ブリッジの被せ物の下が虫歯になることも多々ありました。

しかし、ヒューマンブリッジはエナメル質がほぼそのまま残りますので、象牙質が露出せず、虫歯になるリスクも低くできます。

歯を削らないブリッジ ヒューマンブリッジは治療が痛くない

歯を削らないブリッジヒューマンブリッジ前歯治療前

従来までのブリッジは、麻酔をして歯を大きく削る必要があったため、麻酔の時の痛みや、麻酔が切れた後に一時的な痛みが出る時もありました。

しかし、ヒューマンブリッジは歯の表面をわずかに触る程度ですので、麻酔も必要なく、痛みもほとんどありません。

歯を削らないブリッジ ヒューマンブリッジは神経を残せる

歯を削らないブリッジヒューマンブリッジ図2

従来までのブリッジは、両側の歯に入れる被せ物の方向を同一にする必要があるため、両隣の歯の生えている方向によっては、神経を抜かなければならない場合もありました。

しかし、ヒューマンブリッジはブリッジ自体が3つのパーツに別れているため、ブリッジを入れる方向を合わせる必要がなく、神経を抜く必要もありません。

歯を削らないブリッジ ヒューマンブリッジは外れにくい

従来までも、メリーランドブリッジと呼ばれる前歯の裏側だけを削って作るブリッジはありました。

歯を削らないブリッジヒューマンブリッジ図3

しかし、メリーランドブリッジは接着剤の力だけでブリッジを歯と付けているため、噛む力によって接着剤が外れてしまい、その下が虫歯になることが多々ありました。

ヒューマンブリッジは、ブリッジのパーツを単に歯と接着するだけでなく、3次元的に計算された構造ではめ込んでいるため、より外れにくくなっています。

歯を削らないブリッジ ヒューマンブリッジはインプラントが出来ない人もできる

歯を削らないブリッジヒューマンブリッジ奥歯治療中

歯を失った場合の選択肢として、最近ではインプラントも随分普及してきました。しかし、インプラントをする十分な骨の量がない、心臓病、高血圧、糖尿病、骨粗しょう症などの病気のためなど、インプラントが出来ない方も少なくありません。

歯を削らないブリッジヒューマンブリッジ奥歯治療後

また、インプラントはなんとなく恐い、手術はしたくないなどの理由で、インプラントをしたくないと言う方々も多くいらっしゃいます。

ヒューマンブリッジはそのような理由でインプラントが出来ない方にも適応になります。

歯を削らないブリッジ ヒューマンブリッジはしっかり噛める

歯を削らないブリッジヒューマンブリッジ図4

歯を失った場合の選択肢には入れ歯もあります。ただ、入れ歯は取り外し式ですので、やはり従来までの固定式のブリッジやインプラントほどは噛めません。

しかし、ヒューマンブリッジは固定式のため、従来までの固定式のブリッジと同じようにしっかり噛めるようになります。

歯を削らないブリッジ ヒューマンブリッジは治療期間が短い

インプラント治療の場合には、インプラントを手術で埋め込んだ後、骨にインプラントがしっかり着くまで3~6ヶ月前後かかります。また、従来のブリッジも神経を抜く処置が入ると、やはり治療が数ヶ月に及びます。

しかし、ヒューマンブリッジは手術もなく、歯を大きく削ったり、神経を抜いたりすることもないため、通常2~3回の通院で治療を終了することが可能です。

ただし下記のような場合、ヒューマンブリッジは不適応になります。

歯が無い部分が3本以上の場合 ヒューマンブリッジで治療できるのは、歯と歯の間が2本無くなった部分までです。歯が無い部分が3本以上の場合は構造上、不適応になります。また、一番奥の歯の場合には1本までになります。

両隣の歯が歯周病の場合 歯が無い部分の両隣の歯が歯周病で骨が少なくなっていたり、揺れがあるなどの場合には、ヒューマンブリッジをすることによって、両隣の歯の歯周病が悪化する可能性があるため、不適応になります。

前歯の歯茎の下がりが顕著な場合および奥歯で審美性が必要な場合 前歯の場合、通常であればヒューマンブリッジの金属は裏側に隠れるため、金属色は見えません。しかし、歯茎の下がりが顕著な場合には、ヒューマンブリッジの金属が歯と歯の間から見えてしまうことがあります。また奥歯のヒューマンブリッジは、いづれの場合でも金属色が見えます。

注:ヒューマンブリッジには他にも適応症がありますので、
  お口の状態や歯の状態によっては適応でない場合もあります。

●ヒューマンブリッジが不適応の場合でも、別の素材を使用した、取り外しではなく金属を使用しない固定式の歯を削らないブリッジも可能になりました。

歯を削らないブリッジ ヒューマンブリッジの治療手順

ヒューマンブリッジの治療手順です。

歯を削らないブリッジヒューマンブリッジ治療法1

1)エナメル質の表面に、奥歯の場合には小さなくぼみを1箇所づつ作ります。前歯の場合には、2箇所づつ細い溝を作ります。この時の溝やくぼみの深さは0.5~0.7mmですので、象牙質が露出することはありません。

歯を削らないブリッジヒューマンブリッジ治療法2

2)型取りをしてヒューマンブリッジのパーツを制作し、パーツを接着剤で装着していきます。この時にパーツは3次元的に歯にはめ込む形になるため、単に接着剤で着けるよりも、より強固なものになります。

歯を削らないブリッジヒューマンブリッジ治療法3

3)両隣にパーツが装着された状態です。前歯の場合には、裏側に金属が来るため、前から金属は見えません。

歯を削らないブリッジヒューマンブリッジ治療法4

4)歯の無い部分に人口の歯を接着剤と共にはめ込み完成です。

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約