歯を削らないブリッジ ウェルデンツの主成分 ポリプロピレンとは
ポリプロピレンについて
ポリプロピレンの入れ歯/歯を削らないブリッジ/材料

歯を削らないブリッジ、ウェルデンツの主成分は、ポリプロピレンという素材です。

ポリプロピレンは軽量で耐熱性が高く、弾力性や対薬品性にも優れているのが特徴です。

ポリプロピレンの入れ歯/歯を削らないブリッジ/ビーカー

ポリプロピレンは、年間250万トン以上が国内で消費される代表的な合成樹脂ですので、ポリプロピレンという単語は聞いたことがなくても、実はポリプロピレンで作られている製品は、私たちの身の回りに溢れています。

ポリプロピレンで作られている製品
ポリプロピレンの入れ歯/歯を削らないブリッジ/車

ポリプロピレンは、軽量で耐熱性や弾力性に優れている点から、それらの特徴を活かし、バンパーに代表される自動車分野や洗濯機、冷蔵庫などの家電製品、日用品、雑貨まで幅広く利用されています。

ポリプロピレンの入れ歯/歯を削らないブリッジ/キャップ

たとえば、私たちの身の回りで目にするポリプロピレンで作られている製品には、台所用品、洗剤容器、飲料容器、ボトルキャップ、食品カップ、食品用フィルムやシート、包装用フィルム、収納製品などがあります。

ポリプロピレンの入れ歯/歯を削らないブリッジ/ラップ ポリプロピレンの入れ歯/歯を削らないブリッジ/桶 ポリプロピレンの入れ歯/歯を削らないブリッジ/箱
ポリプロピレンの構造

ポリプロピレンは、規則正しくメチル基が並んだ構造になっているため、強度や耐熱性が高く、弾力性や対薬品性にも優れています。

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約