歯を削らない噛み合わせ治療、オーバークラウン義歯
歯を削らない噛み合わせ治療、オーバークラウン義歯とは
歯を削らない噛み合わせ治療前

オーバークラウン義歯は、噛み合わせが全体的に低くなってしまっている時に、歯をほとんど削らないで、噛み合わせの高さを正常な状態に戻す事ができる、噛み合わせ治療の方法です。

低い噛み合わせは、奥歯への噛み合わせの負担が増し、歯周病や虫歯、歯の割れ、顎関節症などの原因になります。

歯を削らない噛み合わせ治療後

通常の噛み合わせ治療は、低くなっている歯をすべて削って、被せ物などにして高さを挙げる必要がありますので、色々な意味で負担が大きな治療です。

それに比べてオーバークラウン義歯は、歯をほとんど削る必要がなく、噛み合わせの高さを正常な状態に戻す事が可能ですので、治療の負担が比較的少ない治療です。

低い噛み合わせ 歯を削らない噛み合わせ治療、低い噛み合わせ治療詳細

歯を削らない噛み合わせ治療、オーバークラウン義歯の特徴

オーバークラウン義歯は、低い噛み合わせを、歯をほとんど削らないで正常な高さに戻す事ができる、噛み合わせ治療の方法です。

低い噛み合わせは、過去の治療などの影響で起こることが多く、 徐々に噛み合わせが低くなっていきますので、気がつかない場合が多いのです。

しかし、低い噛み合わせを知らずに放置すると、奥歯への噛み合わせの負担が増し、歯周病や虫歯、歯の割れなどの原因になります。

また、下顎が後ろに移動した状態の噛み合せになりますので、顎の関節に負担がかかり、顎関節症の原因にもなります。

奥歯になんとなく違和感があるけれども、歯科医院へ行っても原因がわからない時などは、低い噛み合わせが原因の場合も多々あります。

歯を削らない噛み合わせ治療前模型

右の写真は、奥歯が全て抜歯になってしまい、前歯もすり減って、低くなってしまった方の歯型です。

こういった場合、噛み合わせの高さを正常な状態に戻すには、残っている前歯をすべて削って差し歯で高さを回復し、奥歯を入れ歯にする治療法が一般的です。

しかし、残っている歯を出来るだけ削りたくない方にとっては、かなり抵抗感がある治療なのは確かです。

また、高齢の方の場合、麻酔をして何本も歯を削るなど、身体に負担のある治療を受けるのに不安を持つ方も多いと思います。

歯を削らない噛み合わせ治療後模型

オーバークラウン義歯は、右の写真のように、入れ歯の一部が、残っている歯の高さを補うような被せ物の構造になっています。

そのため、残っている歯をほとんど削る事なく、噛み合わせを全体的に挙げて、正常な噛み合わせに戻す事が可能です。

歯は最小限にしか削りませんので、歯を出来るだけ削りたくない方や、麻酔をしたり削ったりする事に不安を持っている高齢の方などでも可能です。

歯を削らない噛み合わせ治療義歯

ただ、オーバークラウン義歯は、基本的には取り外しの入れ歯なのと、適応症があるため、個々の噛み合わせの状態で、適応になる方と、そうでない方がいらっしゃいます。

歯を削らない噛み合わせ治療例(68歳女性)
歯を削らない噛み合わせ治療前下顎
削らない噛み合わせ治療前

50代から歯周病や虫歯で歯が急激に悪くなり、60代には上顎は総入れ歯、下顎も部分入れ歯を入れたのですが、入れ歯の調子が悪く、何度作り直しても、食事が良く噛めないとの事で来院された方です。

しかし、一見する限りでは、入れ歯自体には問題がなかったので、お口全体の噛み合わせの精密検査を行ってみました。

歯を削らない噛み合わせ治療前正面
削らない噛み合わせ治療前

すると、長年行ってきた歯科治療の影響で、お口全体の噛み合わせがかなり低くなっていて、正常な噛み合わせの状態を再現すると、右の写真のように、上下でかなり隙間が開いているような状態でした。

この状態だと、通常では下顎の残っている歯をほぼ全て削って差し歯にし、噛み合わせの高さを正常な高さにして、新たに部分入れ歯を作る必要がありました。

ただ、患者さんは高血圧だったため、麻酔をして下顎の歯を全部削って差し歯にする治療には、不安があるとの事でした。

歯を削らない噛み合わせ治療後正面
削らない噛み合わせ治療後

そこで、歯を削らないで噛み合わせの高さを挙げる事ができる、オーバークラウン義歯を行う事にしました。

歯を削らない噛み合わせ治療後噛み合わせ面
削らない噛み合わせ治療後

右の写真は、オーバークラウン義歯を装着した状態です。

歯を削らない噛み合わせ治療後入れ歯
オーバークラウン義歯

取り外しではありますが、下顎の歯が沢山残っていたので、装着すると差し歯のブリッジを行ったような安定感があります。

また、歯はほとんど削らずに治療を完了する事ができたため、患者さんの負担も最小限で済みました。

歯を削らない噛み合わせ治療後口元
義歯を入れて歯を見せた口元

噛み合わせの高さが理想的な状態に戻ったため、上顎が総入れ歯でも、しっかり食事ができるようになり、とても喜んでいただけました。

さらに、オーバークラウン義歯は取り外せるため、歯磨きが隅々までしっかり出来るので、むしろ差し歯やブリッジよりも、残っている歯のメインテナンスがしやすいと、気に入っていただいています。

費用と注意事項 歯を削らない噛み合わせ治療費用詳細

噛み合わせ治療のページへ 噛み合わせ治療詳細

ドクター天野へのご相談はこちらへ 歯を削らない噛み合わせ治療相談リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約