違和感の少ない入れ歯 シームレスデンチャー
違和感が少ない入れ歯 シームレスデンチャーについて
違和感のない入れ歯奥歯治療例

シームレスデンチャーは、歯茎に接する金属を機能的な特殊形状にすることによって、入れ歯の違和感を出来る限り少なくした全く新しい入れ歯です。

シームレスデンチャーのシームレスとは、ご存じの方も多いと思いますが、英語で『繋ぎ目が無い』という意味です。

違和感のない入れ歯前歯治療例

シームレスデンチャーは、患者さん一人一人が持つ固有の歯や歯茎の形状に合わせて、金属を機能的な形状にすることにより、入れ歯と歯茎の繋ぎ目を出来る限り感じないようにして、違和感を最小限にしています。

違和感のない入れ歯前歯写真

また、シームレスデンチャーは、見える部分のバネが透明なので、審美性の面でも優れています。

一般的な入れ歯で違和感が出る原因
違和感のない入れ歯前歯比較

一般的な入れ歯には、食べ物を噛む力を受けるためや、入れ歯の下に食べ物が入り込まないために、プラスチック製の人工の歯茎が付いています。

この人工の歯茎は耐久性を上げるために、ある程度の厚みを持たせる必要がありますが、人工の歯茎の厚みがあると、天然の歯茎との段差を感じてしまうため、これが入れ歯の違和感の原因になっている場合が少なくありません。

違和感のない入れ歯奥歯比較

また、違和感を少なくしようとして、プラスチックを薄くすると割れてしまうため、その代わりにプラスチックの歯茎部分の面積を広くしなければなりません。

すると、結果として入れ歯自体の大きさが大きくなってしまいますので、これも入れ歯の違和感の原因になってしまいます。

違和感の少ない入れ歯 シームレスデンチャーの特徴

違和感の少ない、歯茎との境を感じさせない入れ歯、シームレスデンチャーには、一般的な入れ歯に比べて、下記のような優れた点があります。

違和感が少ない入れ歯 シームレスデンチャーは繋ぎ目を感じにくい
違和感のない入れ歯奥歯歯茎

一般的な入れ歯には、ある程度の厚みや面積があるプラスチック製の人工の歯茎が付いていますが、この人口の歯茎と天然の歯茎との繋ぎ目を、舌が異物として認識すると、違和感として感じてしまいます。

また、人工の歯茎部分が金属の入れ歯もありますが、金属と天然の歯茎との間に隙間があると、やはり舌が入れ歯自体を異物として認識しますので、それも違和感として感じてしまいます。

違和感のない入れ歯奥歯金属

シームレスデンチャーは、単に歯茎に接する金属を薄くしたり、面積を少なくするだけではなく、患者さん一人一人が持つ固有の歯や歯茎の形状に合わせて、金属を機能的な形状にすることによって、入れ歯と歯茎の繋ぎ目を出来る限り感じないようにして、違和感を最小限にしています。

違和感が少ない入れ歯 シームレスデンチャーは小さい
違和感のない入れ歯奥歯大きさ

一般的な入れ歯は、入れ歯が咬む力に耐える目的、食べ物が入り込まない目的、歯茎との隙間を塞ぐ目的などから、人工のプラスチックの歯茎をある程度大きくする必要があり、結果として入れ歯自体の大きさが大きくなってしまう傾向にあります。

違和感のない入れ歯前歯大きさ
それに比べて、シームレスデンチャーは、金属を機能的な形状にすることによって、最小限の入れ歯の大きさで、最大の効果を出せるように作られているため、一般的な入れ歯よりも小さく入れ歯を作ることが可能です。

違和感が少ない入れ歯 シームレスデンチャーは人工の歯茎がない

通常の入れ歯は、金属を使用している入れ歯も含めて、赤いプラスチックの人工の歯茎が付きます。

違和感のない入れ歯奥歯歯茎

それに比べて、シームレスデンチャーは、金属だけで入れ歯の人工の歯茎の役割が果たせるため、赤いプラスチックの人工の歯茎がありません。

違和感が少ない入れ歯 シームレスデンチャーはバネが透明
違和感のない入れ歯前歯バネ比較

通常の入れ歯は、バネが金属の物がほとんどですので、口を開けた時や笑った時に、金属が見えてしまう事が多々ありました。

違和感のない入れ歯前歯透明バネ

それに比べてシームレスデンチャーは、バネが透明のため、口を開けた時や笑った時に目立たなくすることが可能です。

シームレスデンチャーはブリッジやインプラントの代わりにもなる
歯を削らないブリッジ

ブリッジは歯が無い部分の両隣の歯を大きく削って、繋がった被せ物により作られていますので、健康な歯を何本も削る必要があります。

インプラント

またインプラントは、顎の骨の量や質などの関係で治療が難しい場合もあり、さらに手術が必要になるため、患者さんの全身の健康状態にも左右されます。

違和感のない入れ歯ブリッジ

それに比べてシームレスデンチャーは、入れ歯の違和感が少ないため、歯を削らないで入れるブリッジやインプラントの代わりにもなりえます。

また歯が無い部分が何本にもなると、それに伴って削らなければならないブリッジの土台の歯も増えて行きますが、シームレスデンチャーは、複数の歯が無い部分でも、歯を出来るだけ削らないで製作可能です。

違和感の少ないシームレスデンチャーは歯周病治療にも応用できる
違和感のない入れ歯で歯周病治療

シームレスデンチャーは、患者さん一人一人が持つ固有の歯や歯茎の形状に合わせて、金属を機能的な形状にすることができるため、歯が揺れているような歯周病の方の歯を固定して、揺れを止めるような治療にも応用可能です。

注:シームレスデンチャーには適応症がありますので、お口の状態や歯の状態によっては適応でない場合もあります。

その他の違和感の少ない入れ歯 ウェルデンツ
歯を削らないブリッジ図7

ウェルデンツは近年開発されたポリプロピレンを主成分とする全く新しい歯科材料を使った入れ歯治療です。

ウェルデンツには、入れ歯の人工の歯茎も、金属のバネもなく、シームレスデンチャーにある金属もないため、シームレスデンチャーと同じように違和感が少ない入れ歯です。

シームレスデンチャーとウェルデンツの違いは、主に適応症の違いで、シームレスデンチャーが、前歯や奥歯の2本以上の歯の欠損にも適応できるのに比べて、ウェルデンツは、基本的に奥歯の2本までの歯の欠損が適応になる点です。

ウェルデンツ 歯を削らないブリッジ/ウェルデンツ詳細

入れ歯の治療法のページへ 違和感の少ない入れ歯入れ歯治療詳細

ドクター天野へのご相談はこちらへ 違和感の少ない入れ歯相談詳細

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約