歯を再石灰化させて強化するミネラルペースト『MIペースト』
歯の再石灰化と強化/MIペースト写真1

MIペーストは、私たちの歯の構成成分であるカルシウムとリンのミネラルを豊富に含む 薬用ペーストで、これにより、歯の再石灰化を促進させ、歯を強化する働きがあります。

また、MIペーストに含まれるCPP-ACP(リカルデント)と呼ばれる成分は、酸性になったお口の中を中性に戻す中和作用、お口の中を酸性になりにくい状態に維持する緩衝(かんしょう)作用に加えて、虫歯予防作用もあります。

歯の再石灰化と強化/MIペースト/リカルデント

MIペーストは、虫歯予防により効果的です。

多くのお問い合わせがあったメール通信の記事。
『虫歯を治す塗り薬』のお問い合わせについて

虫歯の発生と自然修復のメカニズム

歯の表面では、歯が酸によりエナメル質が溶け出す「脱灰(だっかい)」と、唾液が歯のミネラルを補給する「再石灰化」という自然の修復メカニズムが日々繰り返されています。

歯の再石灰化と強化/MIペースト/メカニズム

ところが、このメカニズムのバランスが崩れて、脱灰の方に傾くと、再石灰化が追い付かなくなり、虫歯になってしまいます。

MIペーストで歯の再石灰化を促進して歯質の強化
歯の再石灰化と強化/MIペースト中

MIペーストには、CPP-ACP(リカルデント)と呼ばれる成分が含まれており、これによって、お口の中の中和作用、緩衝作用、歯の再石灰化作用が促進します。

●CPP-ACP(リカルデント)とは

歯の再石灰化と強化/MIペーストCPP-ACP

CPP-ACPとは、牛乳由来たんぱく質のカゼインホスホペプチド(CPP)と、非結晶性リン酸カルシウム(ACP)の複合体です。

唾液には、歯を再石灰化させるカルシウムとリンが含まれているのは、ずっと以前からわかっていたのですが、カルシウムとリンを含むリン酸カルシウム(ACP)が、お口の中での安定性が悪く、今までは口腔ケア用品への応用が難しかったのです。

歯の再石灰化と強化/MIペースト牛乳

ところが、メルボルン大学の研究グループが、牛乳由来のたんぱく質(CPP)で、リン酸カルシウム(ACP)をコーティングする技術を開発し、カルシウムとリンを高い濃度でお口の中で作用させることが出来るようになったのです

歯の再石灰化と強化/MIペースト/リン/カルシウム

MIペーストには、唾液と比較して、はるかに豊富な約190倍のカルシウムと約20倍のリンが含まれていますので、効果的に歯の石灰化を促進します。

●MIペーストの中和作用と緩衝作用

歯の再石灰化と強化/MIペースト/中和緩衝作用

MIペーストに含まれるCPP-ACPには、酸性になったお口の状態を中性に戻す中和作用があります。

また、お口が酸性状態になりにくい状態を維持する緩衝(かんしょう)作用も持っています。

MIペーストの ”MI” とは?
歯の再石灰化と強化/MIペーストMI

MIペーストの ”MI” とは、ミニマムインターベンション(Minimum Intervention)の略で、直訳すると『最小限の干渉』という意味です。

つまり、歯科用語で言う ”MI” とは、
『出来るだけ歯を削らないで治療する』という意味です。

多くの方は、虫歯で歯を削って詰め物をした経験があると思いますが、一度治した詰め物から虫歯が再発して、また再治療になったことはないでしょうか?

歯の再石灰化と強化/MIペーストIn
実は、一度歯を削って詰め物を詰めると、詰め物と歯との境から虫歯が再発するリスクが高くなってしまいます。
そして虫歯が再発してしまうと、歯をさらに大きく削って詰め物を詰めたり、神経を抜いて被せ物にする場合も少なくありません。

このことからもわかるように歯を削ると、歯の寿命が短くなる傾向があることから、削らないと治せない大きな虫歯を除き、最近は出来るだけ歯を削らずに虫歯を治す方向に歯科治療技術は進んでいます。

MI治療についての詳細はこちらをご覧ください。

MIペーストの適応症

MIペーストは、様々な症状の方に適応できます。

虫歯になりやすい方

歯の再石灰化と強化/MIペースト虫歯
MIペーストには、プラークを出来にくくし、虫歯菌の活動を抑え、カルシウムとリンのミネラルによってエナメル質を強化して、虫歯になりにくい歯にする効果があります。

知覚過敏

歯の再石灰化と強化/MIペースト知覚過敏
MIペーストには、カルシウムとリンのミネラルによって歯質を強化し、知覚過敏を緩和させる効果があります。

ドライマウス、口腔乾燥症

歯の再石灰化と強化/MIペーストドライマウス
MIペーストには、唾液の分泌を助ける効果があるため、ドライマウスを緩和する効果が期待できます。また、唾液に含まれる成分のカルシウムとリンのミネラルによってお口の中の状態を整え、ドライマウスで起こる虫歯などから歯を守る助けをする効果があります。

矯正治療中の方

歯の再石灰化と強化/MIペースト矯正
MIペーストには、プラークを出来にくくし、虫歯菌の活動を抑え、カルシウムとリンのミネラルによってエナメル質を強化して、矯正治療中に虫歯になりにくくする効果があります。

また、矯正装置を外した後に、歯に白い抜けが出来てしまうホワイトスポットの予防にも効果があり、装置を付けたことによって、歯の表面が荒れてしまったエナメル質の艶を改善する効果もあります。

ホワイトニング中の方

歯の再石灰化と強化/MIペーストホワイトニング
MIペーストには、ホワイトニング中のしみを緩和する効果があります。また、ホワイトニングで歯に白い抜けが出来てしまうホワイトスポットの予防にも効果があり、エナメル質の艶を増す効果もあります。

大人の歯が生えてきた6歳以上のお子さん

歯の再石灰化と強化/MIペースト子供
MIペーストには、カルシウムとリンのミネラルによってエナメル質を強化して、大人の歯を健康に保つ効果があります。また唾液の分泌を良くして、お口の中を虫歯になりにくい状態にする効果もあります。

歯にホワイトスポットと呼ばれる白い抜けがある方

歯の再石灰化と強化/MIペーストホワイトスポット
MIペーストには、カルシウムとリンのミネラルによってエナメル質を強化して、大人の歯を健康に保つ効果があります。また唾液の分泌を良くして、お口の中を虫歯になりにくい状態にする効果もあります。

歯の再石灰化と強化/MIペースト乳製品

注意:MIペーストには牛乳由来成分が入っているため、乳製品にアレルギーがある方は、使用できません。

MIペーストとヒールオゾン治療で削らないで虫歯を治す

ヒールオゾン治療は、塩素の7倍と言われるオゾンの高い殺菌力を利用して、虫歯菌の殺菌を行う治療で、ドイツを中心にヨーロッパ諸国やアメリカで広く行われている治療方法です。
初期虫歯であれば、ヒールオゾン治療を行った後、MIペーストを使用すると、虫歯部分の再石灰化が促進し、歯を削らなくても、虫歯治療が可能です。

ヒールオゾン治療についてはこちらをご覧ください。

MIペーストの効果的な使用方法

MIペーストの効果的な使用方法は、歯磨きの後に直接塗る方法と、マウスピースを作ってそれにMIペーストを入れる方法があります。

歯の再石灰化と強化/MIペースト指
●歯に直接塗る方法
①通常の歯磨き粉で歯磨きをしてお口をゆすぐ。
  (パーフェクトペリオを使用している方はここでうがいをしてください)
②MIペーストを指、綿棒、歯ブラシなどにつけて歯全体に塗る。
③3分間そのままにして軽く吐き出す。
(食品添加成分ですので多少飲み込んでしまっても大丈夫です)
④その後30分は、うがいや飲食をしないようにする。

歯の再石灰化と強化/MIペーストマウスピース
●マウスピースを使用する方法
①マウスピースを歯科医院で製作する。

②通常の歯磨き粉で歯磨きをしてお口をゆすぐ。
  (パーフェクトペリオを使用している方はここでうがいをしてください)

③MIペーストをマウスピースに適量入れてお口に入れる。

③3分間そのままにして、マウスピースを外し、唾液を軽く吐き出す。

④その後30分は、うがいや飲食をしないようにする。

どちらの方法でも、1日2~3回以上行うとより効果的です。

『MIペースト』

MIペーストは、CPP-APCと呼ばれる成分により、カルシウムとリンのミネラルを豊富に含むペーストで、これにより、歯の再石灰化を促進させ、歯を強化する働きがあります。
また、MIペーストには、酸性になったお口の中を中性に戻す中和作用、お口の中を酸性になりにくい状態に維持する緩衝(かんしょう)作用があります。

『MIペースト』のご購入はこちらをご覧ください

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約