歯の根の治療(根管治療)
歯の根の治療(根管治療)について
歯の根の治療(根管治療)

歯の根の治療(根管治療 )は、深い虫歯などで歯の神経を取ったあと、神経が入っていた根管をきれいにして、根の先まで薬を入れる処置です。

歯の根の治療(根管治療 )は、被せ物などの土台になる根の治療なので、歯を残すためには最も大切な処置です。

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法理由1

しかし、根管は歯の種類によっては形も複雑で、手探りの作業になるため時間を掛けて歯の根の治療(根管治療 )を行わないと、根の先まで完全にきれいに出来ず、後になって根の先に病気が出来てしまうこともしばしばあります。

根管の複雑性についてはこちらをご覧ください。
歯の根の治療(根管治療)の実情と失敗の原因についてはこちらをご覧ください。

歯の根の治療(根管治療)例

歯の根の治療(根管治療)
歯の根の治療(根管治療 )前

右の写真は不完全な歯の根の治療(根管治療)のレントゲン写真です。白く写っているのが、最終的な薬ですが、写真では根の先まで到達していません。

薬が入っていない部分は、腐って膿を出していました。


歯の根の治療(根管治療)
歯の根の治療(根管治療 )途中(上)

上の写真の歯を再度歯の根の治療(根管治療)をやり直している途中のレントゲン写真です。

針のような治療器具(ファイルと呼びます)が根の先まで到達しているのが分かります。この操作と消毒を数回繰り返して根管の中をきれいにしていきます。

上に写っている白い影は治療器具の一部です。

歯の根の治療(根管治療)
歯の根の治療(根管治療 )後(下)

歯の根の治療(根管治療)の最終段階の薬を詰める直前の写真です。薬が根の先まで到達しているのが分かります。この後膿を出していた原因がなくなったので、膿は止まりました。

これ以外に、特に難しい歯の根の治療については、提携している顕微鏡を使用して歯の根の治療を行っている根管治療専門医と協力して治療を行うこともあります。

根管治療専門医についてはこちらをご覧ください。



2011年3月6日放送のTBSテレビ「カラダのキモチ」にて、
歯の神経治療について番組が放送されました。
番組の詳細についてはこちらをご覧ください。

歯の根の治療(根管治療)の患者さん日記ページへ リンク
ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約