歯槽膿漏の歯科治療室

歯科金属アレルギーの治療法

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
歯槽膿漏の歯科治療室
 

歯科金属アレルギーの治療法

歯科金属アレルギーについて

 

歯科金属アレルギーの治療前

歯科金属での金属アレルギーでは、お口の中の粘膜の荒れとは別に、金属アレルギーとして、全身の皮膚のかゆみや湿疹を引き起こすことがあります。

歯科で使用される 歯科金属は多岐にわたりますが、これらの歯科金属の金属イオンが、長い間に少しずつ溶け出して全身に広がり、アトピーなどのように体が反応して 歯科金属アレルギーを引き起こしてしまうからです。

治療法としては、有害な金属をお口の中 から除去して、害の無い材料に変える必要があります。

 

歯科金属アレルギーとなりえる金属

 

歯科金属のなかでも、 歯科金属アレルギーを引き起こしやすいイオン化しやすい歯科金属と、歯科金属アレルギーを引き起こしにくいイオン化しにくい歯科金属があります。

 

歯科金属アレルギーを引き起こしやすい歯科金属

一般的には、卑金属である銀、ニッケル、クロム、コバルト、水銀、アルミニウム、亜鉛、パラジウム、ロジウムなどが、イオン化しやすく、 歯科金属アレルギーを引き起こしやすい金属です。特にこの中で、歯科金属で良く使われるのは、銀合金や水銀と銀の合金であるアマルガム合金です。

 

歯科金属アレルギーを引き起こしにくい歯科金属

一般的には、貴金属である金、プラチナ、チタンはイオン化しにくく、歯科金属アレルギーを引き起こしにくい歯科金属です。

貴金属の詰め物についての詳細はこちらをご覧ください。

 

歯科金属アレルギーの治療法

 

歯科金属アレルギーの治療法の代表的なものは、お口の中の 歯科金属をすべて除去して、非金属の材料に変える治療法です。

 

銀合金の詰め物やアマルガムの詰め物                                                             歯科金属アレルギーの治療前

銀合金の詰め物やアマルガムの詰め物は、セラミックの詰め物に交換が可能です。セラミックは生体親和性が良く、また歯と同じ色に出来るので、審美性にもすぐれています。ただし、あまり大きなセラミックの詰め物は、噛む力に耐え切れず、割れてしまうこともありますので、その場合にはGESクラウンなどのセラミックの被せ物にする場合もあります。歯科金属アレルギーの治療後上の写真がアマルガムの詰め物、下が同じ歯をセラミックに詰め物に変えたところです。

 

 

セラミックの詰め物の詳細はこちらをご覧ください。

 

銀合金の被せ物

銀合金の被せ物は、セラミックの被せ物に交換が可能です。歯科金属をすべて除去する観点では、すべてがセラミックで出来たオールセラミック クラウンが良いのですが、オールセラミッククラウンは、歯との適合性や耐久力にやや問題があるため、生体親和性が良い純金の裏打ちをしたGESクラウンを使用すると、歯との適合性や耐久力も問題がなくなります。

GESクラウンについての詳細はこちらをご覧ください。

 

銀合金の心棒

歯科金属アレルギーの治療法

忘れがちなのが、差し歯の土台などになっている銀の心棒です。これは、ファイバー樹脂の心棒に交換が可能です。ファイバー樹脂の心棒は、金属イオンが出ないというだけでなく、金属よりも弾性があり、歯の根の割れの原因になりにくいなどの利点があります。 右の写真の右側が銀合金の心棒、左側がファイバー樹脂の心棒です。

ファイバー樹脂の心棒についての詳細はこちらをご覧ください。

 

 

歯科金属アレルギーの治療例 (53歳女性)

 
食事中、お口の中にいつも違和感があり、食べ物が美味しくないとのことでいらした方です。時々お口の中で変な味を覚えることもあるとのことでした。

診査の結果、被せ物による噛み合わせのバランスの崩れと歯科金属アレルギー(金属イオンの流出)が疑われました。

 

歯科金属アレルギーの治療前
お口の中の被せ物をすべて外し、理想的な噛み合わせの差し歯を作った状態です。

結果、食べ物の咀嚼効率がよくなり、食べ物が美味しくなりました。お口の中から金属が無くなったので、変な味もしなくなったそうです。

 

歯科金属アレルギーの治療後

歯科金属アレルギーの治療例 (47歳女性)

 
食べ物がうまく噛めないとのことで、いらした方です。奥歯の歯茎にも噛むとき違和感があるとのことでした。 また、お口の中で変な味を覚えることもあるとのことでした。

診査の結果、今まで治療した被せ物の噛み合わせのバランスが崩れていて、お口全体が波打った状態になっていました。

また神経を抜いた根っこの先に病気が出来ていて、違和感の原因になっていました。 味の変化から、歯科金属アレルギーの疑いもありました。

 

歯科金属アレルギーの治療前
すべての被せ物を取り除き、上下左右ともに理想的な噛み合わせを作った状態です。(写真は 上顎の状態です)

根の治療と歯茎の治療もすべて行ったので、今まであった奥歯の違和感もなくなりました。

お口の中から金属が無くなったので、変な味もしなくなったそうです。

 

歯科金属アレルギーの治療後
ドクター天野へのご相談はこちらへ
 

Dr.天野の歯科治療室
歯科金属アレルギーの治療法


 
天野歯科医院
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-17-1
虎ノ門5森ビル1階
03−3502−3007
歯槽膿漏の歯科治療室予約

歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約