歯の神経を抜かない治療法
歯の神経を取らない治療について
歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法図

皆さんは、歯科医院へ行って歯の神経を抜いたことはありますか?

『この歯は虫歯が深いので、神経を抜く必要があります。』
『しみるのが治らないので、神経を抜きます。』
『痛い理由がわからないので、神経を抜いてみます。』

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法写真

等々、神経を抜く理由は色々ありますが、神経を抜いた歯と、神経が残っている歯の寿命を比べると、将来的に神経が残っている歯の方が寿命が長いのが一般的です。

そこで、最近は深い虫歯でも、出来るだけ神経を残すような治療法が出てきました。

歯の神経を抜かない治療法の種類

歯の神経を抜かない治療法は、その方法によって、虫歯を残して殺菌する方法と、虫歯のみを除去する方法に大別されます。

虫歯を残して殺菌し、歯の神経を抜かないようにする方法

●ドックベストセメント治療

ドックベストセメント治療は、セメントに含まれる鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力により、虫歯を除去しないで、無菌化する治療方法です。

虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などにドックベストセメント治療を行うと、神経を抜かないで済む確立が高くなります。

また高温のプラズマにより、痛くなく麻酔も必要ない状態で健康な歯を傷つけることなく、虫歯のみを除去できるプラズマレーザー治療機器ストリークを併用すると、より確実な治療効果が短期間に得られる場合があります。

ドックベストセメント治療の詳細についてはこちらをご覧ください。
ストリークについての詳細はこちらをご覧ください。

●ヒールオゾン治療

ヒールオゾン治療は、塩素の7倍と言われるオゾンの高い殺菌力を利用して、虫歯菌の殺菌を行う治療方法です。

ヒールオゾン治療では、神経に達するような深い虫歯の場合でも、虫歯を削らずオゾンで殺菌することによって、虫歯の部分の再石灰化を促進させるので、神経を残せる可能性が高くなります。

またヒールオゾンは、簡単に虫歯や歯周病の予防も出来ます。

ヒールオゾン治療の詳細についてはこちらをご覧ください。

●3Mix法

3Mix法は、3種類の抗生物質を混ぜ合わせた抗菌剤で、歯の中の病原菌を殺菌、無菌化する方法です。

虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などに3Mix法を使うと、神経を抜かないで済む確率が高くなります。

3Mix法についての詳細はこちらをご覧ください。

虫歯のみを除去して、歯の神経を抜かないようにする方法

●プラズマレーザー治療 『ストリーク』

プラズマレーザー治療 『ストリーク』は、高出力レーザーと特殊な酸化チタン溶液から作り出される高温のプラズマにより、健康な歯を傷つけることなく、虫歯のみを除去する最新治療です。

また上記のドックベストセメント治療と併用することにより、神経を残せる可能性がより高くなります。

高温のプラズマと聞くとなんだか怖いイメージですが、酸化チタン溶液と水の冷却効果によって、患者さんはほとんど痛みを感じることがないため、ほとんどの場合、麻酔も必要なく、お子さんでも治療が受けられるような患者さんに優しい安全な治療です。

ストリークについての詳細はこちらをご覧ください。

●カリソルブ

カリソルブは、虫歯に塗布することで、虫歯部分のみを軟らかく溶かす薬です。

健康な部分には作用しませんので、虫歯を除去する際に、従来の削る虫歯治療のように、虫歯の部分だけではなく健康な歯もいっしょに削ることを最小限に抑えられます。これにより、神経を抜かないで済む確率が高くなります。

カリソルブについての詳細はこちらをご覧ください。

●虫歯が神経まで達していて、痛みが強い場合など、歯の状態によっては神経を抜かなければならない場合もあります。

歯の神経を抜かない方が良い理由
歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法理由1

通常のレントゲンでは、歯の根の神経が通っている管は、単純な1本の管に見えます。

しかし、歯を輪切りにして電子顕微鏡で見てみると、歯の根にはレントゲンで見えていた大きな神経の管以外にも、細かい神経の管が無数に張り巡らされている事がわかります。

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法理由2

この細かい神経の管が存在するため、神経治療は一般的に難易度が高く、神経を抜いて消毒し、詰め物をする根管治療をしても、ばい菌が残って膿を作ってしまう事が多々あるのです。

また最近の研究では、歯の神経を抜いた場合、歯だけではなく身体全身にも影響が出て、腎臓病、糖尿病、アレルギー、 心臓病、リウマチ、等々、様々な全身の病気を引き起こしてしまう可能性があるという事がわかってきました。

歯の神経を抜いた事で起こる可能性がある全身疾患の動画です。(音声無し)
歯の神経を抜かない治療体験アプリ【歯を守り隊】(無料)

歯の神経を抜かない治療は、ドクター天野が、歯を削りたくない、神経を抜きたくない患者さんのために制作したスマホとタブレット端末用の最新治療体験アプリ【歯を守り隊】で、無料で体験可能です。

【歯を守り隊】では、神経を抜かない治療以外にも、歯の寿命を延ばす様々な最新治療を、思わず手で触れたくなるような浮き上がる動画(AR動画)で体験できます。

【歯を守り隊】についての詳細はこちらをご覧ください。

ドックベストセメントとプラズマレーザーによる神経を抜かない虫歯治療が動画でご覧いただけます。(音声有り)
歯の神経を抜かない治療(ドックベストセメント)治療例
歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法ドックベストセメント東京治療前
ドックベストセメント治療前

奥歯の深い虫歯で、他院で神経を取る可能性があると言われて、いらした方です。

上の奥歯に大きな穴が開いています。

また長年、歯科医院に行けなかったとのことで、歯にはべったり歯石がついています。

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法ドックベストセメント東京治療レントゲン
ドックベストセメント治療前
レントゲン

レントゲンでは、虫歯が相当深く、通常のドリルで削る虫歯治療では、確実に神経に達してしまうと思われました。

そこで、歯を削らないドックベストセメント治療を行うことにしました。

虫歯(軟化象牙質)の表面をパーフェクトペリオで殺菌洗浄した後、ドックベストセメントの殺菌成分を歯の内部に浸透しやすくするコーパライトという薬液とドックベストセメントの粉を混ぜ合あわせた薬液を塗り、その上からドックベストセメントで封鎖しました。

*ドックベストセメントには、白色と赤色があり、写真は白色のドックベストセメントです。

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法ドックベストセメント東京治療後
ドックベストセメント治療後

深い虫歯だったにもかかわらず、神経を抜かないで虫歯治療が出来ました。また、ドリルで歯をほとんど削らないので、麻酔はしませんでしたが、治療中の痛みはほとんど無かったそうです。

その後、ドックベストセメントを残したまま、通常の詰め物をして、治療は完了しました。

ドックベストセメント治療の詳細についてはこちらをご覧ください。

歯の神経を抜かない治療(3Mix法)治療例
歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法3Mix-MP法治療東京レ線
3Mix法の治療前レントゲン

深い虫歯で、他院で神経を取らなければならないと言われて、いらした方です。レントゲンでは、虫歯を完全に除去すると神経が出てしまい、神経を取らなければなりませんでしたが、痛みがあまり強くなかったので、虫歯を完全に除去しないで、3Mix法で神経を残すことにしました。

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法3Mix-MP法東京治療前
3Mix法の治療前

写真は、虫歯の歯の状態です。着色剤でピンク色に染まっているのが、虫歯部分です。この後、虫歯をある程度残したまま、表面の処理などの準備を行います。

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法3Mix-MP法東京治療中
3Mix法の治療後

黄色い部分が、3Mix法の薬剤を入れたところです。虫歯は、意図的に残してあります。この後、仮の詰め物をして、痛みが出なければ、3Mixを残したまま、最終的な詰め物を詰めて、治療が完了します。

3Mix法についての詳細はこちらをご覧ください。

歯の神経を抜かない治療(カリソルブ)治療例
歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法カリソルブ治療例(東京)前
カリソルブ治療前

前歯の深い虫歯で、他院で神経を取る可能性があると言われて、いらした方です。

レントゲンでは、確かに通常のドリルで削る虫歯治療では、神経に達してしまう可能性がありました。

そこで、歯を削らないカリソルブ治療を行うことにしました。

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法カリソルブ治療例(東京)中
カリソルブ治療中(上)

写真は、歯を削らないカリソルブ治療を行っているところです。

カリソルブ治療液を虫歯部分に塗布して虫歯を溶かし、専用の器具で溶けた虫歯を除去していきます。

この工程を何回か行い、虫歯部分だけを完全に除去します。

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法カリソルブ治療例(東京)後
カリソルブ治療後(下)

カリソルブ治療で、虫歯部分だけを除去して、プラスチックを詰めた写真です。

通常のドリルで削る治療と比べ、虫歯部分以外の健康な歯を削ることがほとんどなかったため、深い虫歯でも神経を抜かないで虫歯治療が出来ました。

また、ドリルで歯をほとんど削らなかったので、麻酔は行いませんでしたが、痛みはほとんど無かったそうです。

カリソルブについての詳細はこちらをご覧ください

2011年3月22日放送のTBSテレビ「これが世界のスーパードクター14」にてドックベストセメント治療が紹介されました。

番組の詳細についてはこちらをご覧ください。

ドックベストセメント治療の詳細についてはこちらをご覧ください。

2010年10月22日放送の日本テレビ「DON!」にて、 当院のカリソルブ治療が紹介されました

放送内容についてはこちらをご覧ください。

カリソルブについての詳細はこちらをご覧ください。

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約