歯槽膿漏の薬
歯槽膿漏の薬について
歯槽膿漏の薬

歯槽膿漏の薬として、一般的に売られているものは、実は一時的に炎症を抑える歯槽膿漏の薬で、根本的な歯槽膿漏の薬は現在までのところ、ありませんでした。

というのも歯槽膿漏は細菌によって引き起こされる病気と考えるのが定説で、細菌の塊であるプラークを、時間をかけた歯磨きなどで除去し、治療するのが一般的だったのです。

ところが最近になり、歯槽膿漏の原因が、実はカビのカンジダ菌が大きく関与していることが、わかってきました。歯槽膿漏の患者さんの歯茎や歯の表面組織にカンジダ菌やその胞子が侵入しており、プラークの大部分も実はカンジダ菌だったのです。

この事実を元に、歯周病嫌気性菌に抗菌力を発揮する抗生物質と抗カビ剤を歯槽膿漏の薬として用いた治療法が出てきました。

歯槽膿漏の薬 ジスロマック、ファンギゾンシロップ
歯槽膿漏の薬 ジスロマック

ジスロマック(アジスロマイシン)は1日1回2錠、3日間の服用で歯周病嫌気性菌に対して、強い抗菌力を発揮する抗生物質です。

ファゴザイトデリバリーという特殊な性質により、感染局所に非常に大量に集結し、より強く、長期的(7日~14日)に抗菌力を発揮します。

副作用が非常に少ない抗生物質であることも、特徴の一つです。

歯槽膿漏の薬 ファンギゾンシロップ

ファンギゾンシロップ(アムホテリシンBシロップ)は、元々は歯槽膿漏の薬ではなく、体内の消化管にカンジダ菌(真菌)が増殖したときに使う薬です。

ただ消化管からはほとんど吸収されないので、全身的な真菌感染症には効果がありません。(歯槽膿漏の薬として使用するのには、その方が都合が良いのです。)

歯槽膿漏の薬として使用する場合には、通常の歯磨きの後、ファンギゾンシロップを直接口にいれ、その状態で歯ブラシなどで口の中に満遍なくファンギゾンシロップを行き渡らせます。30分間うがいをしないで、そのままにした後、ファンギゾンシロップを飲み込みます。(飲み込まなくても大丈夫ですが、飲み込んだほうが、より効果的です。)

効果は歯槽膿漏の程度により個人差がありますが、大体1週間で歯茎に違いが出てきます。また事前に歯科医院で歯垢や歯石を取っておいたほうが、より効果的です。

新しい歯槽膿漏治療薬 次亜塩素酸電解水パーフェクトペリオ
歯槽膿漏薬,うがい,殺菌水

パーフェクトペリオは、口の中の虫歯菌や歯槽膿漏、歯周病菌を、毎日10秒間うがいすることにより、ほぼ完全に殺菌(溶菌※)することが出来る殺菌水です。

※溶菌とは歯周病菌や虫歯菌を破裂させて溶かすことです。

強い殺菌力に反して、体への影響はほとんどなく、歯槽膿漏、歯周病治療の全く新しい治療法として、今注目されています。

また、歯科医院で行うパーフェクトペリオ歯周病治療は、治療回数が少ない、歯茎を切らない、歯周病菌を完全に殺菌するなど、従来までの歯周病治療に比べて、様々な点で優れた特徴があります。

パーフェクトペリオ パーフェクトペリオ歯槽膿漏治療薬詳細

免疫力を向上し歯槽膿漏を改善する乳酸菌エキス『アルベックス』
歯槽膿漏治療薬/乳酸菌生成エキス絵

乳酸菌生成エキス『アルベックス』は、他の乳酸菌サプリメントと違い、元々、自分の腸内にすんでいる【自分の乳酸菌】を増やす効果がある乳酸菌サプリメントです。

『アルベックス』には、全身の免疫バランスを整える効果があるため、全身の免疫と密接に関係している歯槽膿漏、歯周病にも効果的と言われています。

歯槽膿漏治療薬/乳酸菌生成エキス図

実際、いくつかの学会発表では、『アルベックス』を数ヶ月継続して摂取した後に、歯周ポケットの改善が認められた症例が、いくつも報告されています。

乳酸菌生成エキス『アルベックス』 歯槽膿漏治療薬/乳酸菌生成エキスアルベックス詳細

実際の歯槽膿漏の治療例
歯槽膿漏の治療例

様々な歯槽膿漏の治療法を受けられた方々の写真と、歯槽膿漏の治療の詳しい解説です。

歯槽膿漏の薬の治療例 歯槽膿漏の薬治療例詳細

歯槽膿漏の治療法ページへ 歯槽膿漏薬治療詳細

歯槽膿漏治療のお勧め記事一覧 歯槽膿漏薬治療記事

歯槽膿漏治療の患者さん日記 歯槽膿漏薬治療評判

ドクター天野へのご相談はこちらへ 歯槽膿漏薬治療相談詳細

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約