セラミックの白い詰め物
セラミックの白い詰め物について

セラミックの白い詰め物は、審美的な理由から、見える部分の銀合金の詰め物やアマルガムの詰め物の代わりに使われることが多いのですが、歯科金属アレルギー治療として使用されることもあります。

セラミックは歯と同じ色に出来るので、審美性に大変すぐれているだけでなく、銀合金の詰め物やアマルガムの詰め物に比べて、生体親和性が大変良いからです。

ただし、あまり大きなセラミックの詰め物は、噛む力に耐え切れず、割れてしまうこともありますので、その場合にはGESクラウンなどのセラミックの被せ物にする場合もあります。

セラミックの白い詰め物の治療例1
リンク

下顎の奥歯の銀の詰め物を白くされたいと、いらした方です。金属の詰めている部分が、それほど大きくなかったので、セラミックの詰め物にすることにしました。

リンク

写真は治療後です。 歯と同じ色のセラミックの詰め物にしたので、見た目にとても綺麗になりました。

セラミックの白い詰め物の治療例2
リンク

古い銀の詰め物が、汚らしく見えるので、白くしたいといらした方です。虫歯も少しあったのですが、範囲はそれほど広くなかったので、セラミックの詰め物を使うことにしました。

リンク

古い銀の詰め物と虫歯を除去してセラミックの詰め物に変えたところです。一見すると新しい歯がよみがえったようです。

セラミックの白い詰め物の治療例3
リンク

古いアマルガムの詰め物を取り替えたいといらした方です。見た目も気になさっていたので、セラミックの詰め物に変えることにしました。

古いアマルガムの詰め物を除去して、セラミックの詰め物に変えたところです。とても綺麗になりました。

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約