抜歯しない治療法 クラウンレングスニング
クラウンレングスニングとは
歯槽膿漏の歯科治療室(抜歯しない治療法)

クラウンレングスニングとは、歯冠延長術とも呼ばれる歯茎の処置の治療法です。

虫歯が進んで歯茎の上に出ている歯の部分(歯冠)がほとんど無くなって、歯の根(歯根)の方まで虫歯がすすみ、歯茎が覆いかぶさった状態になってしまうと、通常の虫歯治療では、歯に土台が作れないため、抜歯になります。

しかし、クラウンレングスニングで、歯茎を少し下げて、歯茎の下にある根を露出させると、露出した根に土台を立てることが可能になるので、抜歯しないで被せ物を作ることが出来るのです。

歯の根自体を矯正力で引っ張り出すエクストルージョンとの違いは、主に適応症の違いです。

エクストルージョンについての詳細はこちらをご覧ください。
クラウンレングスニング治療例1(歯冠延長術)

ひどい虫歯で、歯根の一部分が歯茎の下になってしまっている場合に、歯茎を少し下げて、健康な歯根を出す方法です。

抜歯しない治療法-治療前

歯根全体を引っ張り上げるエクストルージョンと比較すると、歯茎を下げて歯根を掘り出すような処置です。

写真は、他の歯科医院で抜歯と言われてセカンドオピニオンを求めて来院された方です。診査の結果、歯根はしっかりしていましたので、クラウンレングスニングを行うことにしました。

抜歯しない治療法-治療前

写真はクラウンレングスニング後、被せ物の土台を立てたところです。健康な歯質をすべて歯茎の上に出せたので、適合の良い被せ物を作ることができました。

クラウンレングスニング治療例2(歯冠延長術)
抜歯しない治療法-治療前
クラウンレングスニング治療前

抜歯しない治療法-治療前 クラウンレングスニング治療前 長年、虫歯を放置された後、他の医院で抜歯との診断を受けたのですが、入れ歯やブリッジになるのはどうしても避けたいと、来院された方です。

一見すると歯はほとんど残っていない状態で、根のかけらしか残っていないように見えます。

しかし、レントゲンでは、短かいですが、歯の根がしっかり残っている状態で、歯を支える歯槽骨もあまり吸収していなかったので、歯茎を少し下げて、健康な歯根を出すクラウンレングスニング(歯冠延長術)をして歯を抜かないで残すことにしました。また根の先に病気もありましたので顕微鏡を使用する根の再治療もすることにしました。

抜歯しない治療法-治療中
治療途中

クラウンレングスニング、顕微鏡による根の再治療の後、根を土台としてしっかりさせるため、ファイバー樹脂の心棒を立てたところです。

元々は1本の歯に2本の根がある歯だったのですが、虫歯がひどく根が二つに分かれてしまっていましたので、2本の歯として治療しました。

クラウンレングスニング治療後
クラウンレングスニング治療後

残った根の長さが2本とも短く、噛む力に耐えられそうもなかったので、最終的には後ろの歯と被せ物でつないで、固定させました。

抜かずにすんだので、患者さんは入れ歯やブリッジにならずに済み、快適な生活が送れるようになりました。

抜歯しない治療法へ戻る

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約