顎関節症の治療例
顎関節症の治療例 (31歳男性)
顎関節症の治療法
他院のマウスピースを装着した状態

長年、顎関節症をわずらって、他院で顎関節症を治すために、顎関節症治療用の硬い大きなマウスピースを長期にわたって使用していた方です。

ところが、この顎関節症治療用の硬いマウスピースを長期に使っていたために、顎関節症治療用マウスピースによって、歯全体が歯茎に向かって沈んでしまい、 顎関節症治療用のマウスピースをはずすと上下の歯の噛み合わせが殆どなくなってしまっていました。

顎関節症の治療法
他院のマウスピースを外した治療前
(上)

右の写真は、顎関節症治療用マウスピースをはずしたところです。前歯の2点以外は、上下の歯が当たるところがありません。

このため、顎関節症治療用マウスピースをしていない食事時などには、顎が安定せず、情緒不安定になってしまい、お仕事もやめてしまいました。

顎関節症の治療法
顎関節症の治療後(下)

顎関節症の治療後の状態です。上の歯すべてと下の奥歯をGESクラウンによって、かさ上げし、 GESクラウンによって安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)の状態を作ることにより、顎関節症治療用マウスピースなしでも安定した噛み合わせが出来るようにしました。

顎関節症の治療後は生活が改善し、お仕事にも復帰できました。

顎関節症の治療例 (43歳女性)
リンク
顎関節症治療前

顎の音と痛みを訴えていらした方です。診査の結果、前歯の上下が空いていて、安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)が確立しないことで、下の顎が安定せず、また下顎の中心が、向かって左側に大きくずれていることがわかりました。

リンク
顎関節症治療後

上の奥歯すべてと糸切り歯をGESクラウンに変え、 全体の噛み合わせを下げて上下の前歯が当たるようにし、安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)の状態を作ることにより顎を安定させました。

それと共に、下顎 の中心が上顎の中心に来るように、噛み合わせを作り直しました。

下顎の位置が正常に戻ったので、顎の音が消え、痛みもなくなりました。GESクラウンにしなかった上下の前歯は、ホームブリーチングをして白くなりましたので、見栄えも良くなりました。

顎関節症の治療例 (55歳女性)
リンク
顎関節症治療前

長年、顎関節症をわずらって、他院で いろいろな処置をしていた方です。

下の入れ歯を何度も作り直しましたが、うまく合わず顎関節症も一向に改善しなかったそうです。

歯槽膿漏もあり、上下の噛み合せがとても低くなっていて、下顎が後ろに行ってしまっていたので、全体の噛み合せを高くして、下顎も前に誘導することにしました。

リンク
顎関節症治療後
(入れ歯を外した状態)

治療後の写真です。

上下ともに歯槽膿漏が激しく、歯の揺れが顕著だったので、全体の歯茎の処置を行った後、ブリッジ式の差し歯にして全体を固定しています。

また、低くなってしまっていた全体の噛み合せを高くして、全体的に噛み合せを正常な高さに戻し 、差し歯によって安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)の状態を作りましたので、前歯、奥歯、共に負担が掛からないバランスの取れた噛み合せになりました。

リンク
顎関節症治療後
(入れ歯を入れた状態)

残念ながら、左の奥歯は抜歯になりましたので、左右の奥歯は入れ歯になりました。

金属のバネが目立つので白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)を使用しています。

治療後は顎関節症も完治して、快適な生活をされています。

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約