歯の強化治療(歯質強化治療) プラズマレーザー『ストリーク』

歯の強化治療/歯質強化治療レーザー

プラズマレーザー治療機器『ストリーク』は、高出力レーザーと特殊な酸化チタン溶液により高温のプラズマ光球体を作り出し、その熱エネルギーによって虫歯治療や歯周病治療、そして歯の強化など様々な歯科治療を行える最新の治療機器です。

歯の歯質強化治療電顕

プラズマの熱エネルギーには、神経の感覚を一時的に麻痺させる働きがあるため、ほとんどの虫歯治療や歯周病治療、レーザー治療の適応になる様々な治療、そして歯の耐酸性を高める歯質強化処置も麻酔をしなくても痛くなく行えます。


歯の歯質強化治療安全

プラズマの熱による治療と聞くと熱くて怖いイメージですが、酸化チタン溶液と水の冷却効果によって、患者さんはほとんど痛みを感じることはなく、どなたでも治療が受けられるような患者さんに優しい安全な治療です。

ストリークについての詳細はこちらをご覧ください。
歯を強化する歯質強化治療とは

歯の表面では、歯が酸によりエナメル質が溶け出す「脱灰(だっかい)」と、唾液が歯のミネラルを補給する「再石灰化」という自然の修復メカニズムが日々繰り返されています

歯の強化/歯を強くする歯質強化脱灰)

ところが、このメカニズムのバランスが崩れて、脱灰の方に傾くと、再石灰化が追い付かなくなり、虫歯になってしまいます。

歯の強化/歯を強くする歯質強化歯

プラズマレーザー治療機器『ストリーク』は、高出力レーザーと特殊な酸化チタン溶液により高温のプラズマ光球体を作り出し、その熱エネルギーによって歯の表面のエナメル質や内部の象牙質の耐酸性を高めることが出来るため、脱灰が起きにくい強い歯質にすることが可能です。

歯を強化する歯質強化治療のメカニズム

歯の最表層にはエナメル質と呼ばれる層があり、その内部には象牙質と呼ばれる層があります。

このエナメル質を電子顕微鏡で見てみると、エナメル質には細かい隙間が存在することがわかります。

歯の強化/歯を強くする歯質強化治療前

また歯茎が下がって根が露出して来ると、象牙質も露出しますが、象牙質にもエナメル質と同じような細かい隙間が存在します。

この隙間の内部には水分があり、その水分を通って虫歯菌や酸性物質が隙間に入り込み、歯の脱灰(虫歯)を誘発すると考えられています。

そこで、プラズマレーザー治療機器『ストリーク』を使用した歯質強化治療では、高温のプラズマ光球体で、エナメル質や象牙質の表面の隙間を埋め、水分も少なくすることによって、虫歯菌や酸性物質がエナメル質や象牙質の隙間に入り込まないようにして、歯の耐酸性を増しているのです。

歯の強化/歯を強くする歯質強化治療後

また、同時に使用する特殊な酸化チタン溶液により、抗菌作用がある金属チタンがエナメル質や象牙質の表面に付着して、菌やウイルスが歯の内部に侵入するのを防ぐ効果もあります。(電顕写真の白い粒がチタンです)

さらに、象牙質の隙間を埋めることによって、根が露出することにより起きる知覚過敏の治療にも効果が認められています。

ちなみに、歯質強化治療をしても、エナメル質や象牙質の変化は電子顕微鏡レベルでしか見えませんので、歯の表面の形や見た目は全く変わらず、悪影響もありません。

歯を強化する歯質強化治療の特徴

歯を強化する歯質強化治療には、以下のような特徴があります。

歯を強化する歯質強化治療は、多くの大学や研究機関の研究結果から、 その効果が実証されています。

歯科用レーザーは、大きく分けると4種類のレーザーがありますが、プラズマレーザー治療機器『ストリーク』は、歯科用レーザーの中でも最も歯質強化効果が高いNdYAGレーザー(エヌディーヤグレーザー)という種類のレーザーを使用しています。

このNdYAGレーザーは、今までに多くの大学や研究機関で研究が行われ、エナメル質と象牙質の耐酸性を上げて歯を強化する歯質強化効果が実証されています。

歯を強化する歯質強化治療についての大学研究論文はこちらをご覧ください。

歯を強化する歯質強化治療は痛くなく麻酔もいらない

高温のプラズマ光球体の熱エネルギーには、神経の感覚を一時的に軽く麻痺させる働きがあるため、歯質強化治療では麻酔をしなくても痛くなく行えます。

歯を強化する歯質強化治療は治療が速い

歯の強化/歯を強くする歯質強化速い

プラズマレーザー機器ストリークによる歯を強化する歯質強化治療は、上下の歯全体を歯質強化しても、30分弱の時間しかかかりません。

歯歯を強化する歯質強化治療は詰め物や被せ物の虫歯の再発を防ぐ

歯の強化/歯を強くする歯質強化In

歯を削って詰め物を詰めたり、被せ物を被せたりすると、詰め物や被せ物と歯との境から虫歯が再発するリスクが高くなります。

ストリークによる歯質強化治療は、プラズマ光球体の熱エネルギーによって、詰め物や被せ物をするために削って露出した象牙質の耐酸性を高めることが出来るため、詰めたり被せたりする前に歯質強化処置を行うと、虫歯の再発を予防するのに効果的です。

歯を強化する歯質強化治療は矯正治療前にも効果的

歯の強化/歯を強くする歯質強化矯正

矯正治療中は、お口の中に針金や多くの矯正歯科装置が入りますので、歯磨きが難しくなり、矯正治療中に虫歯を作ってしまう方も少なくありません 。

ですので、矯正治療前に歯質強化治療をして、エナメル質や象牙質の耐酸性を高めておくと、矯正治療中の虫歯予防に効果的です。
また、ストリークには組織を活性化させる効果があるため、矯正治療中の痛みを緩和する効果や、歯の移動を促進させる効果もあります。

歯を強化する歯質強化治療はホワイトスポット治療にも効果的

白いチョークで書いたように見える歯の表面の白い斑点は、専門用語ではホワイトスポットと呼ばれています 。

ホワイトスポットには、歯の表面のエナメル質が酸性になることによって、エナメル質のカルシウム成分が少なくなり、脱灰という虫歯の初期症状を起こして、白濁してしまうものと、エナメル質形成不全という歯ができる時に起こる白濁の2種類に分類されます。
歯を強化する歯質強化治療には、薬剤のエナメル歯内部への浸透性を 大幅に高める効果もあるため、オーラループというエナメル質を再石灰化させる薬剤との併用治療で、ホワイトスポット治療にも効果的です。

ホワイトスポット治療についての詳細はこちらをご覧ください。
歯を強化する歯質強化治療体験アプリ【歯を守り隊】(無料)

歯を強化する歯質強化治療体験アプリは、ドクター天野が、歯を削りたくない、神経を抜きたくない患者さんのために制作したスマホとタブレット端末用の最新治療体験アプリ【歯を守り隊】で、無料で体験可能です。

【歯を守り隊】では、歯を強化する歯質強化治療以外にも、歯の寿命を延ばす様々な最新治療を、思わず手で触れたくなるような浮き上がる動画(AR動画)で体験できます。

【歯を守り隊】についての詳細はこちらをご覧ください。

プラズマレーザーによる歯の歯質強化治療が動画でご覧いただけます。(音声有り)
痛くなく麻酔しない虫歯歯周病治療プラズマレーザー治療
『ストリーク』についての詳細はこちらをご覧ください。
ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約