歯を削らない歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療
ホワイトスポット(歯の白い斑点)とは
(歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療写真

白いチョークで書いたように見える歯の表面の白い斑点は、専門用語ではホワイトスポットと呼ばれています 。

ホワイトスポットには、歯の表面のエナメル質が酸性になることによって、エナメル質のカルシウム成分が少なくなり、脱灰という虫歯の初期症状を起こして、白濁してしまうものと、エナメル質形成不全という歯ができる時に起こる白濁の2種類に分類されます。

従来までのホワイトスポットの治療法は、白い部分を削ってプラスチックで詰めるか、カルシウムを補う歯磨き粉を使用して、時間を掛けて自然治癒を待つなどの方法しかありませんでした。

しかし現在では、初期虫歯とエナメル質形成不全のホワイトスポットのそれぞれに、削らないで治療する方法があります。

エナメル質形成不全を削らないホワイトスポット治療オーラループ

エナメル質形成不全は、乳歯から永久歯に生え変わる前に、永久歯が歯茎の中で作られる段階で、なんらかの原因により、エナメル質が完全にできず、そのまま永久歯が生え変わってしまった状態の事です。

エナメル質形成不全によるホワイトスポットは、初期虫歯が原因のホワイトスポットが、エナメル質の表面で起こっているのとは違い、エナメル質の内部でホワイトスポットが発生しているので、治療方が異なります。

オーラループは、私達の体の中にもともと存在する三リン酸5Na(ポリリン酸)を主成分にした透明なジェル状の塗り薬です。

歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療エナメル質形成不全st

オーラループは、薬事法上、歯磨き剤に分類されていますが、ポリリン酸の組織を再生させる効果によって、脱灰した歯を再石灰化させる効果があるため、プラズマレーザーにより薬剤の歯への浸透性を高める歯の歯質強化改善処置と併用すると、エナメル質形成不全のホワイトスポット治療に効果的です。


オーラループによるホワイトスポット治療の詳細はこちらをご覧ください。

初期虫歯を削らないホワイトスポット治療 アイコン

初期虫歯が原因で起こるホワイトスポットは、歯の表面のエナメル質が酸性になることによって、エナメル質のカルシウム成分が少なくなり、脱灰という虫歯の初期症状を起こして、白濁してしまっています。

アイコンは、酸によって脱灰したエナメル質に特種な薬剤をしみこませることによって、歯を削ることなく、また早期にホワイトスポットを改善させ、エナメル質からミネラルが溶け出すのを防ぎます。

また、アイコンはエナメル質を補強して酸性になるのを防ぎ、ホワイトスポットの再発を防止する効果もあります。

アイコンによるホワイトスポット治療の詳細はこちらをご覧ください。

歯を削らないホワイトスポット治療エナメル質形成不全(25歳女性)
歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療エナメル質形成不全治療前1
ホワイトスポット治療前

上の前歯2本のホワイトスポット治療を目的に来院された方です。

子供の時から前歯の白濁があり、社会人になるのを機に、笑うと見えてしまう歯の白濁を治そうと、他の歯科医院へ受診したところ、白い部分を削ってプラスチックを詰めるか、歯を全体的に削って差し歯にする治療を勧められました。

しかし、歯は削りたくなかったため、歯を削らないでホワイトスポットを無くす治療はできないものかと、来院されました。

検査をした結果、このホワイトスポットはエナメル質形成不全という事がわかりましたので、プラズマレーザーでの歯質強化改善治療とオーラループを併用して、歯を削らないで エナメル質を再生させるホワイトスポット治療を行うことにしました。

歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療エナメル質形成不全治療中1
歯を削らないホワイトスポット治療中

右上の写真は、プラズマレーザーとオーラループを併用して、歯を削らないでホワイトスポット治療を行って1週間経った状態です。

1週間の間、ご自宅で毎日マウスピースにオーラループを入れて就寝していただくことで、エナメル質がだいぶ再生され、ホワイトスポットはかなり薄くなりました。

歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療エナメル質形成不全治療後1
歯を削らないホワイトスポット治療後

右下の写真は、プラズマレーザーとオーラループを併用した治療を3回繰り返して1ヶ月経った状態です。

その間、ご自宅でも毎日就寝中にマウスピースを使って、エナメル質が再生されるようにしていただきました。

この写真では、歯を拡大しているため、わずかに白濁が残っていますが、ご本人は日常生活では全く気にならないくらいホワイトスポットがなくなり、とても喜んでいただけました。

歯を削らないホワイトスポット治療エナメル質形成不全(27歳女性)
歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療エナメル質形成不全治療前3
ホワイトスポット治療前

上の前歯2本のホワイトスポット治療を目的に来院された方です。

ご本人がお母さんに尋ねたところ、ホワイトスポットは小学生の時からあったらしいのですが、中学生の時に友人から指摘されたのをきっかけに、とても気になってしまい、歯を出して笑うことができなくなってしまいました。

そこで近所の歯科医院へお母さんと一緒に受診したのですが、ホワイトスポットは削らないと治らないと言われました。

でも、お母さんが歯を削るのに反対したのと、年齢が上になるとホワイトスポットが薄くなる人もいると先生に言われたので、様子をみることにしたのです。

でも、社会人になっても、ホワイトスポットが薄くなる事はなく、むしろ濃くなってしまい、よけいに目立つようになってきたため、歯を削らないでホワイトスポットを消す方法はないものかと、受診されました。

検査をした結果、このホワイトスポットは、エナメル質形成不全という乳歯が永久歯に代わる時にエナメル質がうまくできなかった事が原因で出来るホワイトスポットという事がわかりました。

そこで、プラズマレーザーでの歯質強化改善治療とオーラループを併用して、歯を削らないでエナメル質を再生させるホワイトスポット治療を行うことにしました。

歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療エナメル質形成不全治療中3
歯を削らないホワイトスポット治療中

右の写真は、プラズマレーザーとオーラループを併用して、歯を削らないでホワイトスポット治療を2回繰り返して3週間経った状態です。

3週間の間、ご自宅で毎日マウスピースにオーラループを入れて就寝していただくことで、エナメル質がだいぶ再生され、ホワイトスポットはかなり薄くなりました。

歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療エナメル質形成不全治療後3
歯を削らないホワイトスポット治療後

右下の写真は、プラズマレーザーとオーラループを併用した治療を3回繰り返して2ヶ月経った状態です。

その間、ご自宅でも毎日就寝中にマウスピースを使って、エナメル質が再生されるようにしていただきました。

この写真では、歯を拡大しているため、まだホワイトスポットがうっすら残っていますが、他人からの目線や写真撮影では全くわからなくなり、人前でも思い切って歯を出して笑えるようになりました。

歯を削らないホワイトスポット治療エナメル質形成不全(23歳女性)

上の前歯2本のホワイトスポット治療を目的に来院された方です。

小中学生の時には自分ではあまり気にならなかったそうですが、高校生の時に友人から前歯に虫歯があると言われたのをきっかけに、とても気になり始めたそうです。

歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療エナメル質形成不全治療前2

でも、家の近所の歯科医院へ行くと、ホワイトスポットは白い部分を削ってプラスチックを詰めるしか治療法がないと言われてしまい、今まで歯を削った事がなかったので、そのまま我慢していました。

しかし、社会人になり、人前で歯を見せて笑えないのがストレスになってきたため、歯を削らないでホワイトスポットを無くす治療はできないものかと、来院されました。

検査をした結果、このホワイトスポットはエナメル質形成不全だったため、プラズマレーザーでの歯質強化改善治療とオーラループを併用して、歯を削らないで、エナメル質を再生させるホワイトスポット治療を行うことにしました。

歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療エナメル質形成不全治療後2

右の写真は、プラズマレーザーとオーラループを併用した歯を削らないホワイトスポット治療を 2回繰り返した状態です。 その間、ご自宅でも毎日マウスピースにオーラループを入れて就寝することによって、エナメル質が寝ている間に再生されるようにしていただきました。

その結果、ホワイトスポットはほとんど目立たなくなり、人前でも思い切り歯を見せて笑えるようになったという事です。

歯を削らないホワイトスポット治療例:初期虫歯 (28歳女性)
歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療前)
アイコン治療前

全体的に歯に白い斑点が目立ってきたので、きれいにしようと審美治療を専門に行っている歯科医院へ受診したところ、白い部分を削ってプラスチックを詰めるか、表面を全体的に削ってセラミックの板を張り付ける治療を勧められました。

しかし、今まで虫歯などで歯を削ったことは1度もなく、歯を削るのにとても抵抗があったので、削らないできれいにできないものかと受診されました。

拝見すると、白くなっている部分は歯の初期虫歯(脱灰)によってホワイトスポットになっているようでしたので、歯を削らないホワイトスポット治療 アイコンを行うことにしました。

歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療中
アイコン治療中

右上の写真は、アイコンを歯に塗って液状のプラスチック樹脂を歯に浸透させているところです。

歯茎についている青い物は、歯茎に薬剤が付かないようにするカバーです。

歯の白い斑点(ホワイトスポット)治療後
アイコン治療後

右下の写真はアイコン治療終了後の写真です。

奥歯や歯の根元で多少白い部分が残っている歯もありますのが、前歯についてはほぼ完全に白い部分がなくなりました。

歯は全く削りませんでしたので、麻酔は行いませんでしたが、痛みはほとんど無かったそうです。

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約