噛み合わせの治療法
噛み合わせの影響
噛み合わせ治療写真)

噛み合わせのずれは、お口全体のバランスを崩し、知覚過敏、歯の揺れ、歯槽膿漏、歯周病、虫歯、顎関節症など、あらゆる歯科疾患を引き起こす原因になります。

また、噛み合わせのずれは顎のずれを生み、顎のずれは顔の歪みや全身の歪みを生むため、全身状態のバランスをも崩し、偏頭痛、肩こりなどの原因にもなります。

ずれた噛み合わせでは、うまく噛めないことからもわかるように、安定した噛み合わせは、歯の健康はもちろん、全身の健康にも大きく関係しているのです。

ところで、一般的には、良い噛み合せというと、きれいな歯並びを想像しますが、全体のバランスから安定した良い噛み合せを考えると、単に見栄えが良いだけでは、安定した良い噛み合せとは言えない場合があります。

噛み合わせの悪さが歯槽膿漏、虫歯、顎関節症等の原因に
噛み合わせ治療歯周病

歯が欠ける、歯が揺れるなどと聴いて、一般の方々が最初に思い浮かべるのは、虫歯菌が原因で起こる虫歯、歯周病菌が原因で骨が溶けて起こる歯周病などだと思います。

噛み合わせ治療虫歯

ところが、お口の中で歯が大きく欠けていて、虫歯菌で歯が虫歯になってしまっているように見えたり、レントゲンで歯槽骨が溶けていて、一見すると歯周病菌に歯槽骨が溶かされたと思える場合でも、実はその主原因が虫歯菌や歯周病菌ではなく、悪い噛み合わせによって歯に過度な力が掛ることによる場合が少なくありません。

特に、過去の治療で複数の奥歯を治療した時に、詰め物や被せ物の高さが低い時に、起こる低い深い噛み合わせの状態では、奥歯への噛み合わせの負担が増し、歯周病や虫歯、歯の割れなどの原因にもなります。

さらに、歯に過度な力が掛って歯槽骨が溶けると、歯茎が下がって歯の根が出るので、知覚過敏にもなります。

この悪い噛み合わせによる歯に過度な力が掛り、歯の欠けや歯槽骨の溶けが起こる状態のことを、専門用語では、咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)と呼んでいます。

また、悪い噛み合わせでは、顎の位置がずれ、顎の関節に負担を掛けます。

特に前記の低い深い噛み合わせの場合には、下顎が後ろに移動した状態の噛み合せになりますので、顎の関節に負担がかかり、顎関節症を引き起こします。

咬合性外傷についての詳細はこちらをご覧ください。
低い深い噛み合わせについての詳細はこちらをご覧ください。
噛み合わせの悪さが偏頭痛、肩こりなど全身にも影響する
噛み合わせ治療顎関節症

噛み合わせの悪さは顎のずれを生み、顎のずれは顔の歪みや全身の歪みを生むため、全身状態のバランスをも崩し、偏頭痛、肩こり、めまい、腰痛、耳鳴りなどの原因にもなります。

噛むための筋肉は、首や肩などの筋肉と連動して動いているため、噛み合わせが悪いと偏った筋肉に異常な力が掛り、血管や神経を圧迫します。

そして、その筋肉に掛ったストレスを解消しようと、無理な姿勢を取っていると全身のバランスも崩れ始めて、やがて全身に影響が出るのです。

一般的には肩こりや腰痛の時には、整体院やカイロプラクティックへ行く方が大半ですが、そこで一時的に治っても、噛み合せのずれという根本原因が治っていないので、何回通院しても、結局全快しない場合が多いのです。

2011年2月9日放送のNHKテレビ「ためしてガッテン」にて
噛み合わせと全身状態の関係が紹介されました

番組の詳細についてはこちらをご覧ください。
噛み合せ治療の基本と治療の目標

噛み合わせ治療では、安定した噛み合わせの位置と安定した顎の位置を改善することが一番大切な目標になります。

ところで多くの方々は、上下の歯が噛み合う位置が、安定した顎の位置と思っているのですが、実はそうとも言えません。

しかし、そもそも、顎の位置と噛み合わせの位置が別のものというのは、どういうことなのでしょうか?

安定した顎の位置を、専門用語では中心位(ちゅうしんい)と呼びますが、上下の歯が噛み合う位置は、中心咬合位(ちゅうしんこうごうい)と呼び、違う基準のものです。

中心位とは、歯を噛み合わせていない状態で、筋肉が最もリラックスした状態での顎の関節の位置のことです。

噛み合わせ治療図

そして中心咬合位とは、上下の歯がしっかり噛んだ状態のことです。

中心咬合位を安定した噛み合せと思っている方は多いのですが、歯並びが悪かったり、歯周病や虫歯で、噛み合わせ関係のバランスが崩れている場合でも、その状態で噛んだ位置が中心咬合位になります。

ですので、正しい噛み合わせの位置は、噛み合わせた位置の中心咬合位ではなく、顎の位置の基本である中心位で決まるわけです。

そして中心位と中心咬合位は、噛み合せが正常な方の場合には、概ね一致します。

安定した顎の位置の基本、中心位についての詳細はこちらをご覧ください。
安定した噛み合わせの基本(犬歯誘導)
噛み合わせ治療犬歯誘導

安定した顎の位置の基本は中心位ですが、顎の位置を中心位に安定させるのは、やはり歯の噛み合わせです。

この安定した噛み合わせの基本になるのが、糸切り歯によって噛み合わせの位置を決める犬歯誘導(けんしゆうどう)です。

例えば噛み位置を迷う時がある方や、時々奥歯がなんとなく痛くなるけど、数日すると治ってしまう。ちょっと気になるので、歯科医院へ受診したけれども、レントゲンを撮っても、歯周病の診査をしても、なんの問題も見つからなかった。

という場合には、その原因の多くが前歯の糸切り歯(犬歯)での噛み合せ関係が安定していない。つまり犬歯誘導が確立していないことが関係しているのです。

安定した噛み合せの基本、犬歯誘導についての詳細はこちらをご覧ください。
噛み合わせの治療例:噛み合わせが安定しない(52歳女性)
噛み合わせ治療肩こり偏頭痛治療前

噛み合わせが安定せず、噛み合わせる位置が分からないとのことでいらした方です。

正面から見ると、しっかり噛み合った位置(中心咬合位)で、上下の前歯の中心がずれていて、下顎が向かって左にずれているようでした。

また、この方は肩こりと偏頭痛にもずっと悩まされてきたとのことでした。

そこで、まず顎の正しい位置を診査するために中心位を測定する精密検査を行うことにしました。

噛み合わせ治療肩こり偏頭痛治療後

中心位を測定してみたところ、やはり噛んだ状態での中心咬合位と顎の正しい位置の中心位では、大きな差がありました。

そして、そのずれによって顎の関節の位置もずれ、痛みを伴う顎関節症の症状が出ているようでした。

また、食事をするたびに噛む筋肉が緊張するので、それによって体のバランスも崩れて、偏頭痛や肩こりが起こっているようでした。

そこで、前歯の糸切り歯にセラミックべニアを行い、いくつかの奥歯にジルコニアオールセラミッククラウンの被せ物をして、中心咬合位と中心位を同じになるように、噛み合わせを作り治しました。

右の写真では、治療前の写真と比べて歯石がなくなっているのですが、上下の前歯の中心が合っているのがわかると思います。

これにより、顎の位置が正しくなったため、噛み合わせの位置が安定し、筋肉の緊張が取れたため、偏頭痛や肩こりも解消しました。

また、歯周病もあったため、パーフェクトペリオ歯周病治療を行って歯茎も良い状態になりました。

噛み合わせの治療例:低く深い噛み合わせ(63歳男性)
噛み合わせ治療歯槽膿漏治療前

奥歯の腫れと痛みで、いらした方です。また、肩こりや偏頭痛も激しく、整体に毎週通っているとのことでした。

診査の結果、過去に治療した奥歯の被せ物や詰め物の高さが低く、上の前歯が下の前歯を被い隠していることからわかるように、下顎が深い噛み合わせになって、奥歯に強い噛み合わせの力が掛かる咬合性外傷というの状態になっていました。

また、前歯の差し歯の周りの歯茎は、差し歯の内面に使われていた銀の金属イオンが歯茎に出てきているようで、歯茎が黒っぽく変色し、腫れていました。

咬合性外傷についてはこちらをご覧ください。

噛み合わせ治療歯槽膿漏治療後

奥の低い被せ物や詰め物を外し、歯茎の処置などの基礎治療をしてから、ジルコニアオールセラミッククラウンの差し歯で全体の噛み合わせを高くしました。

また、差し歯によって安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)の状態を作り、理想的な噛み合わせ状態にしました。

噛み合わせが正常な状態になったので、奥歯への負担も少なくなり、奥歯の腫れや痛みが改善しました。

下の前歯が、低く深い噛み合わせの時より、見えているのがわかります。

内面に金属を使わないジルコニアオールセラミッククラウンの差し歯に変えましたので、歯茎の色や状態もとても良くなりました。

また全体的な噛み合わせの改善に伴い、肩こりと偏頭痛も解消し、毎週通っていた整体へも通わなくてよくなりました。

治療後はパーフェクトペリオホームケアを使用していただくことで、お口の中に虫歯菌と歯周病菌が居ない状態を保つことによって、治療後の歯と歯茎は良い状態を長く保っています。

パーフェクトペリオについての詳細はこちらをご覧ください。

噛み合わせの治療例:顎がカクカクする(47歳女性)
噛み合わせ治療顎がカクカクする治療前
噛み合わせ治療前

前歯を何とかしたいとのことで来院された方です。

いろいろお話を聞くと、左顎が常にカクカク音がして、左肩にひどい肩こりを感じている顎関節症の症状が出ていました。

診査の結果、左右の奥歯の被せ物のバランスが取れておらず、下顎が左にずれて顎関節症になっていることがわかりました。

正面から見た顔の形も左側がやや張り出したようになっていました。

噛み合わせ治療顎がカクカクする治療後
噛み合わせ治療後

治療後の写真です。

前歯と古い被せ物をすべてGESクラウンに変え、それと共に、下顎を右に戻すように噛み合わせを作り直しました。

またGESクラウンによって安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)の状態を作りました。

下顎の位置が正常に戻ったので、顎関節症が原因だった顎の音が消え、肩こりもなくなりました。

お顔も左右対称に近づけることが出来ました。

安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)についての詳細はこちらをご覧ください。

噛み合わせの治療例:口が開かない(49歳女性)
噛み合わせ治療口が開かない治療前
噛み合わせ治療前

右の写真は、口が開かなくなってしまい、来院された患者さんです。

この方の場合、下顎のずれと上下の噛み合わせが低いという二つの要因で顎関節症になっていました。

写真では、下の歯の正中線が向かって右側にずれています。

また、上の前歯の長さが短い事もおわかりになると思います。つまり下顎は左に不均等にずれていて、左の顎関節により大きく負担をかけて顎関節症になっている状態です。

この場合の下顎のずれを引き起こした原因は、上顎の被せ物にありました。

上顎にはたくさんの被せ物が入っていましたが、これらの被せ物の高さや形が不適切なため、長い年月で下顎がだんだん後ろと左にずれてしまい顎関節症になってしまったのです。

噛み合わせ治療口が開かない治療後
噛み合わせ治療後

治療後の状態です。

上顎の被せ物をすべて新しいセラミックの差し歯にし、下顎との噛み合わせを改善することによって、下顎を右に戻しました。

画面では、上下の歯の正中線は完全には合っていませんが、噛み合わせの高さを改善し、差し歯によって安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)の状態を作ることにより、顎関節症は完治しました。

顎関節症についてはこちらをご覧ください。

噛み合わせの治療例:顎の痛み偏頭痛肩こり(47歳女性)
噛み合わせ治療,顎の痛み,偏頭痛,肩こり治療前
噛み合わせ治療前

顎の痛みと偏頭痛、肩こりを訴えていらした方です。

写真からわかるように、下の前歯が上の前歯にほとんど隠れて見えません。

原因としては、後ろの被せ物を何回か作っているうちに、噛み合わせの高さが低くなってしまい、下顎が後ろにずれてしまったことが考えられました。

噛み合わせ治療,顎の痛み,偏頭痛,肩こり治療前
噛み合わせ治療後

治療後の写真です。

下顎の奥歯すべてと上顎の前歯をGESクラウンに変え、全体の噛み合わせを上げて、下顎を前に移動させました。

治療後の写真では、下顎の前歯が治療前に比べて、見えているのがわかると思います。

また、GESクラウンによって安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)の状態を作りましたので、前歯、奥歯、共に負担が掛からないバランスの取れた噛み合せになりました。

下顎の位置が正常に戻ったので、顎の痛み、偏頭痛、肩こりなどの症状もほぼ無くなり、快適に生活できるようになりました。

GESクラウンにしなかった下の前歯は、ホームブリーチングをして白くなりましたので、見栄えも良くなりました。

噛み合わせ治療(顎関節症治療)を終えられた患者さんの声はこちらをご覧ください。

その他の噛み合わせ治療の治療例はこちらをご覧ください。

2011年2月9日放送のNHKテレビ「ためしてガッテン」にて噛み合わせと全身状態の関係が紹介されました。 番組の詳細についてはこちらをご覧ください。

2011年9月16日発行の読売新聞、産経新聞等の記事にて噛み合わせの悪さがアルツハイマー病の原因になりえることが紹介されました。 記事の詳細についてはこちらをご覧ください。

2011年12月3日放送の日本テレビ「世界一受けたい授業」にて噛み合わせと頭痛,肩こり,2重顎などの全身状態の関係が紹介されました。 番組の詳細についてはこちらをご覧ください。

噛み合わせ治療の患者さん日記ページへ リンク
ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約