入れ歯の治療法
入れ歯の概念
良く噛める入れ歯絵

誰でも入れ歯にはなりたくないものです。しかし入れ歯を使わないと治せない時もあります。

ところで入れ歯は痛くて噛めないとか、入れ歯は硬いものは噛めないとか、あまり入れ歯の評判は世間的に良くはありません。

しかし、お口全体の治療計画をしっかり立てて、適応症にあった入れ歯を選択して作ると、入れ歯でもかなりしっかり噛めるようになります。

入れ歯の種類

良く知られている入れ歯の種類は、歯の一部が残っていてそれに留め金をかける部分入れ歯、歯が全く無いときに使う総入れ歯です。

そして部分入れ歯、総入れ歯共に、使う材料や留め金の種類によってさまざまな物があります。

また、取り外しの入れ歯ではありませんが、どうしても総入れ歯から開放されたいという方や、大きな部分入れ歯は絶対に避けたいという方々のために、近年では片顎すべての取り外ししない入れ歯を数本のインプラントで支える”短期間で噛めるインプラント治療法”も入れ歯の治療法の一つとして、選択されるようになってきました。

短期間で噛めるインプラント治療法についての詳細はこちらをご覧ください。
部分入れ歯の種類
良く噛める入れ歯/バネの見えない入れ歯
バネの見えない入れ歯

バネの見えない入れ歯

通常の部分入れ歯の材料よりも弾力がある材料で出来ている入れ歯です。

入れ歯の床自体で歯に固定させますので、留め金が無い入れ歯に出来ます。

また入れ歯を薄く出来るので、装着感が良くなり、違和感が少なくなります。

バネの見えない入れ歯の詳細はこちらをご覧下さい。

良く噛める入れ歯チタン
チタン入れ歯

チタン入れ歯

部分入れ歯の基礎の金属が、身体に最も親和性が良いチタンで出来ています。

軽くて薄くできるので、装着感が良く、違和感も少なくなります。

チタン入れ歯の詳細はこちらをご覧下さい。

良く噛める入れ歯アタッチメント
アタッチメント入れ歯

アタッチメント入れ歯

部分入れ歯の留め金の部分が雄雌の差込み式になっています。

通常の留め金のように噛んだ時の留め金の動きがないので入れ歯が安定し、しっかり噛めます。

また留め金が外に出ないので見た目も良くなります。

アタッチメント入れ歯の詳細はこちらをご覧下さい

ポリプロピレンの入れ歯 ウェルデンツ

通常の入れ歯に使われているプラスチック(レジン)の材料は、水分を吸収するため、変色、変形、臭いなどが問題で、材料的にも硬いため、歯茎に合わない場合も少なくありませんでした。

しかし、ウェルデンツの主成分のポリプロピレンは、様々な特徴によって、今までの入れ歯の問題点を解決し、取り外しでもブリッジと同じような噛み心地を実現することができるようになりました。

ポリプロピレンの入れ歯 ウェルデンツの詳細はこちらをご覧ください。
白いバネの部分入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)
良く噛める入れ歯白いバネの入れ歯前
従来の金属のバネの入れ歯

部分入れ歯のバネは、今までは金属で作るものが主流で、審美的にはあまり良くありませんでした。

白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)は、バネ部分がアセタル樹脂という熱可塑性レジン(歯科用プラスチック)で作られています。

右の写真は、一般的に部分入れ歯に使われる金属のバネです。

今までは、お口の中の詰め物や被せ物を白いものに変えても、最後に部分入れ歯を入れると、金属のバネが見えて、審美的に満足のいかない場合が多くありました。

良く噛める入れ歯白いバネの入れ歯後
白いバネに変えた入れ歯

写真は白いバネの入れ歯 (ホワイトクラスプ入れ歯)に変えたところです。

金属のバネに比べて、とてもきれいになりました。

白いバネの入れ歯の詳細はこちらをご覧ください。

総入れ歯の種類
 良く噛める総入れ歯オーバーデンチャー
オーバーデンチャー

オーバーデンチャー

オーバーデンチャーは咬む時に動いてしまう下顎の総入れ歯を2本のインプラントを使って、動かないようにする治療法です。

下顎の総入れ歯が動かないようになるので、総入れ歯でも良く噛めるようになります。

オーバーデンチャーの詳細はこちらをご覧下さい。

良く噛める入れ歯マグネット入れ歯
マグネット入れ歯

マグネット入れ歯

歯の根が何本か残っている場合に、根に磁石を付けて入れ歯の保持を増したものです。

特に下顎の総入れ歯の場合、浮き上がりが少なくなり、より良く噛めるようになります。

マグネット入れ歯の詳細はこちらをご覧ください。

良く噛める入れ歯金属床総入れ歯
金属床入れ歯

金属床総入れ歯

通常プラスチックでつくる歯茎にあたる部分を、金属で作った総入れ歯です。

プラスチックに比べて金属は歯茎の形をより正確に再現できるため、歯茎との密着度が増して、より噛めるようになります。

また入れ歯安定剤なども必要なくなります。

もちろん歯茎に当たる部分のみ金属で、歯と歯茎は普通の色をしています。

金属床総入れ歯の詳細はこちらをご覧ください。

入れ歯の痛みと臭いを軽減する塗り薬 オーラループ

オーラループは、私達の体の中にもともと存在する三リン酸5Na(ポリリン酸)を主成分にした透明なジェル状の塗り薬です。

オーラループは、薬事法上、歯磨き剤に分類されていますが、ポリリン酸の組織を再生させる効果によって、歯茎を健康な状態に再生させることができるため、合わなくて噛むと痛みが出ている入れ歯に使用すると、疼痛の軽減が期待できます。

また、他の配合成分とともに、歯周病菌や虫歯菌の殺菌効果があるため、入れ歯の臭いを軽減することも期待できます。

オーラループについての詳細はこちらをご覧ください。
ポリプロピレンの入れ歯ウェルデンツの治療例(65歳女性)
ポリプロピレンの入れ歯治療前
入れ歯を外した状態

前歯を3本のブリッジにしていたのですが、そのブリッジが歯周病でだめになり、抜いて入れ歯を入れた方です。

通っていた歯科医院では、ブリッジやインプラントの提案もあったのですが、ブリッジは両脇の健康な歯を4本削って7本のブリッジになることや、インプラントはなんとなく怖かったこともあって、入れ歯を選びました。

ポリプロピレンの入れ歯治療中
入れ歯を入れた状態
内側には大きな人口の歯茎が付いている

ところがそれから何回も入れ歯を作り直してみたのですが、入れ歯のバネの締め付けられる感覚や、入れ歯に付いている人口の歯茎による違和感で、夕方には入れていることに我慢が出来なくなり、毎日不快な思いをすることになってしまっていました。

また、入れ歯は4本の金属のバネで抑えているのですが、食べ物を食べると入れ歯が動き、前歯では全く物が食べられない状態でした。

そこでポリプロピレンの入れ歯 ウェルデンツに変えてみることにしました。

ポリプロピレンの入れ歯治療後
ポリプロピレンの入れ歯 ウェルデンツ

右の写真はウェルデンツを入れたところです。バネは両脇の2本のみになり、人口の歯茎もなくなりましたので、バネによる締め付けや歯茎の違和感もなくなり、一日中入れていても気にならなくなりました。

また、物を噛んでも動かないため、前歯でなんでも食べられるようになりました。

さらにバネが白く目立たないため、歯を見せて笑うこともできるようになり、友人との会食にも楽しく参加できるようにもなりました。

アタッチメント入れ歯の治療例(72歳男性)
良く噛める入れ歯アタッチメント治療前
治療前

下の入れ歯が合わないとのことで、いらした方です。今までは通常のバネの留め金をつかう入れ歯を何回も作り直していました。

診査の結果、留め金をかける歯が小さくなっていて噛むと留め金が動いてしまうことがわかりました。

良く噛める入れ歯アタッチメント治療後
治療後

下の前歯をすべて差し歯で作り直し、アタッチメント入れ歯を作りました。噛んだときに入れ歯がまったく動かなくなったので、とても良く噛めるようになりました。

短期間で噛めるインプラント治療例(71歳女性)
良く噛める入れ歯短期インプラント治療前
短期間で噛めるインプラント治療前

下顎の総入れ歯が何度作り直しても、調子が悪いということで、いらした方です。

今までに保険の入れ歯以外にも数十万円から、時には百万円近くかけて総入れ歯を何度も作り直していましたが、どれも食べ物を噛むと口の中で動いてしまい、結局は硬い食べ物は食べられなかったそうです。

また、インプラント治療も考えたそうですが、下顎の残っている骨の量が少なく、インプラントの埋め込みは無理と言われてしまい、もう好きな物は一生食べられないのではと、あきらめかけていました。

お口の中を診査すると、長年合わない総入れ歯を使っていたので、入れ歯の刺激により、骨が全体的に溶けて(吸収して)しまい、入れ歯を支える歯茎がほとんど無い状態でした。

また、レントゲン診査でも、骨が非常に少なく通常のインプラントは埋め込めない状態でした。

しかし、CTスキャンで診査したところ、部分的に骨の厚さがある所があり、短期間で噛めるインプラント治療が出来ることがわかりました。

良く噛める入れ歯短期インプラント治療後
短期間で噛めるインプラント治療後

治療後の写真です。

この写真は手術から4ヶ月後に本物の歯を入れたものですが、下顎に4本のインプラントを埋め込み、仮の歯をいれた手術当日も、写真と似たような状態になり、当日から、やわらかい物なら噛めるようになりました。

埋め込んだインプラントが骨としっかり結合し、本物の歯が入った現在では、歯が動くことはまったくなくなり、どんな硬いものでも食べられるようになりました。

短期間で噛めるインプラント治療法についての詳細はこちらをご覧ください。

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約