歯を削らない治療法
歯を削らない治療法について
歯を削らない痛くない治療ドリル

多くの方は、虫歯で歯を削って詰め物をした経験があると思いますし、あのキーンとした ドリルの音や歯に伝わる振動が苦手という人も多いのではないでしょうか。

しかし、音や振動もいやなものですが、実は一度歯を削って詰め物を詰めると、詰め物と歯との境から虫歯が再発するリスクが高くなり、歯の寿命を縮めることになる場合もあるのです。

このため、痛みが強い場合や削らないと治せない大きな虫歯を除き、最近は出来るだけ歯を削らずに虫歯を治す『MI治療』という治療方法が行われるようになってきました。

歯を削らない治療法『MI治療』とは?
歯を削らない痛くない治療MI

『MI治療』の ”MI” とは、ミニマムインターベンション(Minimum Intervention)の略で、直訳すると『最小限の干渉』という意味です。

つまり 『MI治療』 とは、『出来るだけ歯を削らないで治療する』という意味です。

従来までの虫歯治療では早期発見、早期治療が基本で、小さな初期の虫歯を見つけると削って銀やプラスチックの詰め物をする治療が行われていました。

ところが、そのような治療を行った結果、多くの方が虫歯が無い健康な歯を維持できたかと言うと、必ずしもそうではありません。

むしろ、虫歯を削って詰め物をしたことによって、歯の寿命を短くしてしまった方も少なくないのです。

歯を削らない痛くない治療life

上の図は、歯を削ったことによって、歯を失ってしまうパターンの代表例です。

では、その歯を失うパターンを詳しく見ていきましょう。

従来までの虫歯治療をした歯のライフサイクル

従来までの虫歯治療は早期発見、早期治療が基本でしたので、小さくても虫歯を見つけたら、とにかく削って詰める治療を行っていました。


歯を削らない治療図1

6歳
大人の最初の歯は、6歳前後に生えてきますが、生えて間もない歯はとても柔らかいので、虫歯になりやすく、虫歯予防が大切です。

歯を削らない治療図2

●6歳~
虫歯の早期発見、早期治療で、小さな初期虫歯を削って金属や プラスチックの詰め物をします。

歯を削らない治療図3

●16歳~18歳前後
詰め物が取れたり、詰めた箇所から虫歯が再発したり、詰め物の 周りが欠けたりして、再び虫歯治療で歯を削り、金属の詰め物が 大きくなります。

歯を削らない治療図4

●25歳前後
詰め物が再度取れたり、詰めた箇所から虫歯が再発したりして、 再び虫歯治療で歯をさらに大きく削り、もっと大きな金属の詰め物になります。

歯を削らない治療図5

●35歳前後
歯がしみたり、再度詰め物が取れたりで、神経を抜き、歯を全体的に削って被せ物になります。

歯を削らない治療図6

●45歳~50歳前後
被せ物が取れて歯科医院へ行くと、もう治療が出来ないので、抜歯になると言われ、歯を失います。

このように歯を削ると、歯の寿命が短くなる傾向があることから、痛みが強い場合や削らないと治せない大きな虫歯を除き、最近は出来るだけ歯を削らずに虫歯を治す方向に歯科治療技術は進んでいます。

歯を削ると歯の寿命が短くなる事について動画でご覧いただけます。(音声無し)
歯を削らない治療法の種類

歯をできるだけ削らない治療法には、治療の内容とその目的によって様々な種類があります。

虫歯を削らないで殺菌する方法
●ドックベストセメント治療
歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法ドックベストセメント東京

ドックベストセメント治療は、セメントに含まれる鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力により、虫歯を除去しないで、無菌化する治療方法です。
虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などにドックベストセメント治療を行うと、神経を抜かないで済む確率が高くなります。

また高温のプラズマにより、痛くなく麻酔も必要ない状態で健康な歯を傷つけることなく、虫歯のみを除去できるプラズマレーザー治療機器ストリークを併用すると、より確実な治療効果が短期間に得られる場合があります。

ドックベストセメント治療の詳細についてはこちらをご覧ください。

ストリークについての詳細はこちらをご覧ください。

●ヒールオゾン治療
歯を削らない痛くない治療ヒールオゾン
ヒールオゾン治療は、塩素の7倍と言われるオゾンの高い殺菌力を利用して、虫歯菌の殺菌を行う治療方法です。

ヒールオゾン治療では、初期虫歯であれば、虫歯をほとんど削らずに治療でき、虫歯や歯周病の予防も可能です。

ヒールオゾン治療の詳細についてはこちらをご覧ください。

●3Mix法

歯を削らない痛くない治療3Mix-MP法

3Mix法は、3種類の抗生物質を混ぜ合わせた抗菌剤で、歯の中の病原菌を殺菌、無菌化する方法です。
虫歯を完全に除去すると神経を抜くことになってしまう時などに3Mix法を使うと、神経を抜かないで済む確率が高くなります。
3Mix法についての詳細はこちらをご覧ください。
虫歯のみを除去する方法

●プラズマレーザー治療『ストリーク』

歯を削らない痛くない治療ストリーク
プラズマレーザー治療 『ストリーク』は、高出力レーザーと特殊な酸化チタン溶液から作り出される高温のプラズマにより、健康な歯を傷つけることなく、虫歯のみを除去する最新治療です。
また上記のドックベストセメント治療と併用することにより、より高い治療効果が期待できます。

高温のプラズマと聞くとなんだか怖いイメージですが、酸化チタン溶液と水の冷却効果によって、患者さんはほとんど痛みを感じることがないため、ほとんどの場合、麻酔も必要なく、どなたでも治療が受けられるような患者さんに優しい安全な治療です。

ストリークについての詳細はこちらをご覧ください。

●カリソルブ
歯を削らない痛くない治療カリソルブ
カリソルブは、虫歯に塗布することで虫歯部分のみを軟らかく溶かす薬です。

健康な部分には作用しませんので、虫歯を除去する際に、従来の虫歯治療のように、虫歯の部分だけではなく健康な歯もいっしょに削ることを最小限に抑えられます。

カリソルブについての詳細はこちらをご覧ください。

虫歯菌を殺菌して虫歯の進行を抑える方法

●パーフェクトペリオ
歯を削らない痛くない治療パーフェクトペリオ
パーフェクトペリオは10秒間のうがいで、お口の中の虫歯菌と歯周病菌をほぼ完全に殺菌する殺菌水です。

パーフェクトペリオでのうがいを毎日続けることによって、初期虫歯であれば、虫歯の進行を抑える効果が期待でき、歯周病にも効果的です。

パーフェクトペリオについての詳細はこちらをご覧ください。

虫歯に特殊樹脂をしみこませて治す治療法

●アイコン
歯を削らない痛くない治療歯と歯の間の虫歯治療
奥歯の歯と歯の間に出来た虫歯の場合、従来までの虫歯治療では虫歯を削って除去するために、虫歯までドリルを届かせる必要性から、虫歯でない歯の部分も削って金属などの大きな詰め物を入れていました。

アイコンは、小さな虫歯に限りますが、虫歯になってしまった歯に特殊な薬剤をしみこませることによって、歯を削ることなく虫歯を治す治療法です。

また、アイコンは歯質を補強して酸性になるのを防ぐため、虫歯の再発を防止する効果もあります。

歯の間の虫歯を治すアイコン治療についての詳細はこちらをご覧ください。

歯の耐酸性を増して歯質を強化する方法

●プラズマレーザー治療『ストリーク』
歯を削らない痛くない治療歯を強くする歯質強化
歯の表面では、歯が酸によりエナメル質が溶け出す「脱灰(だっかい)」と、唾液が歯のミネラルを補給する「再石灰化」という自然の修復メカニズムが日々繰り返されています。

ところが、このメカニズムのバランスが崩れて、脱灰の方に傾くと、再石灰化が追い付かなくなり、虫歯になってしまいます。

プラズマレーザー治療機器 『ストリーク』 は、高出力レーザーと特殊な酸化チタン溶液により高温のプラズマを作り出し、その熱エネルギーによって歯の表面のエナメル質や内部の象牙質の耐酸性を高めることが出来るため、脱灰が起きにくい強い歯質にすることが可能です。

歯を強化する歯質強化治療についてはこちらをご覧ください。

歯を再石灰化させて強化する方法

●MIペースト
歯を削らない痛くない治療MIペースト
MIペーストは、私たちの歯の構成成分であるカルシウムとリンのミネラルを豊富に含む薬用ペーストで、歯の再石灰化を促進させ、歯を強化する働きがあります。

MIペーストを歯磨き後に毎日使用すると、初期虫歯であれば、その再石灰化作用により、ある程度の治療効果も期待できます。

MIペーストについての詳細はこちらをご覧ください。

歯を削らない歯の白い斑点(ホワイトスポット)の治療法

●ホワイトスポット治療
歯の白い斑点ホワイトスポット治療
ホワイトスポットには、歯の表面のエナメル質が酸性になることによって、エナメル質のカルシウム成分が少なくなり、脱灰という虫歯の初期症状を起こして、白濁してしまうものと、エナメル質形成不全という歯ができる時に起こる白濁の2種類に分類されます

従来までのホワイトスポットの治療法は、白い部分を削ってプラスチックで詰めるか、カルシウムを補う歯磨き粉を使用して、時間を掛けて自然治癒を待つなどの方法しかありませんでした。

しかし現在では、初期虫歯とエナメル質形成不全のホワイトスポットのそれぞれに、削らないで治療する方法があります。

ホワイトスポット治療についての詳細はこちらをご覧ください。

歯を削らない2種類のブリッジ

●ウェルデンツ
歯を削らない痛くない治療ウェルデンツ
一般的なブリッジは歯が無い部分の両隣の歯を大きく削って、繋がった被せ物により作られていますので、場合によっては健康な歯を削ることも多々ありました。

しかしウェルデンツは入れ歯のようにバネで固定するタイプですので、両隣の歯を ほとんど削ることなく製作が可能です。

ウェルデンツについての詳細はこちらをご覧ください。

●ヒューマンブリッジ
歯を削らない痛くない治療ヒューマンブリッジ治療中
ウェルデンツに比べると、ヒューマンブリッジは歯の表面をわずかに削って浅い溝やくぼみを作る必要がありますが、取り外さない固定式のブリッジを作ることが可能です。
歯を削らない痛くない治療ヒューマンブリッジ治療後

歯にとって一番大切なエナメル質を残してブリッジを作ることが可能なため、歯へのダメージが少なく、将来的にブリッジの下が虫歯になるリスクも低くできます。

また、骨の量や全身疾患、手術が怖い、期間が掛かるなどの理由でインプラントが出来ない方、入れ歯の見栄えや噛み心地に満足できない方などにも応用可能です。

ヒューマンブリッジについての詳細はこちらをご覧ください。

歯を削らない審美歯科治療

●短期審美歯科治療用マウスピース

歯を削らない痛くない短期審美歯科治療用マウスピース
審美歯科治療用マウスピースは、今ある歯をほとんど削ることなく、歯に装着するだけで綺麗な歯並びになる取り外し式の装置です。
基本的には歯型を取るだけですので、審美歯科治療のために歯を削るのを躊躇している方、歯科恐怖症の方、結婚式など急ぎの行事で治療している時間がない方などでも製作可能です。

短期審美歯科治療用マウスピースについての詳細はこちらをご覧ください。

●虫歯が神経まで達していて痛みが強い場合や、虫歯が大きい場合など、歯の状態によっては歯を削らなければならない場合もあります。


歯を削らない痛くない治療法(ドックベストセメント)治療例

奥歯の深い虫歯で、他院で神経を取る可能性があると言われて、いらした方です。
上の奥歯に大きな穴が開いています。
また長年、歯科医院に行けなかったとのことで、歯にはべったり歯石がついています。

歯を削らない痛くない治療ドックベストセメント治療前
ドックベストセメント治療前

レントゲンでは、虫歯が相当深く、通常のドリルで削る虫歯治療では、確実に神経に達してしまうと思われました。

そこで、歯を削らないドックベストセメント治療を行うことにしました。

虫歯(軟化象牙質)の表面をパーフェクトペリオで殺菌洗浄した後、ドックベストセメントの殺菌成分を歯の内部に浸透しやすくするコーパライトという薬液とドックベストセメントの粉を混ぜ合わせた薬液を塗り、その上からドックベストセメントで封鎖しました。

*ドックベストセメントには、白色と赤色があり、写真は白色のドックベストセメントです。

深い虫歯だったにもかかわらず、神経を抜かないで虫歯治療が出来ました。また、ドリルで歯をほとんど削らないので、麻酔はしませんでしたが、治療中の痛みはほとんど無かったそうです。

その後、ドックベストセメントを残したまま、通常の詰め物をして、治療は完了しました。
 
ドックベストセメント治療の詳細についてはこちらをご覧ください

歯を削らない痛くない治療ドックベストセメント治療レントゲン
ドックベストセメント治療前レントゲン 歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法ドックベストセメント東京治療後
ドックベストセメント治療後
歯を削らない痛くない治療法(3Mix法)治療例

深い虫歯で、他院で神経を取らなければならないと言われて、いらした方です。
レントゲンでは、虫歯を完全に除去すると神経が出てしまい、神経を取らなければなりませんでしたが、痛みがあまり強くなかったので、虫歯を完全に除去しないで、3Mix法で神経を残すことにしました。

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法3Mix-MP法治療東京レ線
3Mix法の治療前レントゲン

写真は、虫歯の歯の状態です。着色剤でピンク色に染まっているのが、虫歯部分です。
この後、虫歯をある程度残したまま、表面の処理などの準備を行います。

黄色い部分が、3Mix法の薬剤を入れたところです。虫歯は、意図的に残してあります。この後、仮の詰め物をして、痛みが出なければ、3Mixを残したまま、最終的な詰め物を詰めて、治療が完了します。

3Mix法についての詳細はこちらをご覧ください。

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法3Mix-MP法東京治療前
3Mix法の治療前 歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法3Mix-MP法東京治療中
3Mix法の治療後
歯を削らない痛くない治療法(カリソルブ)治療例

前歯の深い虫歯で、他院で神経を取る可能性があると言われて、いらした方です。
レントゲンでは、確かに通常のドリルで削る虫歯治療では、神経に達してしまう可能性がありました。
そこで、歯を削らないカリソルブ治療を行うことにしました。

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法カリソルブ治療例(東京)前
カリソルブ治療前

写真は、歯を削らないカリソルブ治療を行っているところです。
カリソルブ治療液を虫歯部分に塗布して虫歯を溶かし、専用の器具で溶けた虫歯を除去していきます。
この工程を何回か行い、虫歯部分だけを完全に除去します。

カリソルブ治療で、虫歯部分だけを除去して、プラスチックを詰めた写真です。
通常のドリルで削る治療と比べ、虫歯部分以外の健康な歯を削ることがほとんどなかったため、深い虫歯でも神経を抜かないで虫歯治療が出来ました。
また、ドリルで歯をほとんど削らなかったので、麻酔は行いませんでしたが、痛みはほとんど無かったそうです。

カリソルブについての詳細はこちらをご覧ください。

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法カリソルブ治療例(東京)中
カリソルブ治療中 歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法カリソルブ治療例(東京)後
カリソルブ治療後
歯を削らないブリッジ ウェルデンツの治療例

前歯を3本のブリッジにしていたのですが、そのブリッジが歯周病でだめになり、抜いて入れ歯を入れた方です。

通っていた歯科医院では、ブリッジやインプラントの提案もあったのですが、ブリッジは両脇の健康な歯を4本削って7本のブリッジになることや、インプラントはなんとなく怖かったこともあって、入れ歯を選びました

入れ歯を外した状態
入れ歯を外した状態

ところがそれから何回も入れ歯を作り直してみたのですが、入れ歯のバネの締め付けられる感覚や、入れ歯に付いている人口の歯茎による違和感で、夕方には入れていることに我慢が出来なくなり、毎日不快な思いをすることになってしまっていました。
また、入れ歯は4本の金属のバネで抑えているのですが、食べ物を食べると入れ歯が動き、前歯では全く物が食べられない状態でした。

そこで歯を削らないブリッジ ウェルデンツに変えてみることにしました。

右の写真はウェルデンツを入れたところです。バネは両脇の2本のみになり、人口の歯茎もなくなりましたので、バネによる締め付けや歯茎の違和感もなくなり、一日中入れていても気にならなくなりました。

また、物を噛んでも動かないため、前歯でなんでも食べられるようになりました。

さらにバネが白く目立たないため、歯を見せて笑うこともできるようになり、友人との会食にも楽しく参加できるようにもなりました。
ウェルデンツについての詳細はこちらをご覧ください。

歯を削らないブリッジ治療中
入れ歯を入れた状態
内側には大きな人口の歯茎が付いている 歯を削らないブリッジ治療後
歯を削らないブリッジ ウェルデンツ
歯を削らない審美歯科治療用マウスピース治療例

お嬢さんの結婚式が1ヶ月後にあるので、それまでに歯をなんとかしたいといらした方です。
本来ならば、長期にわたって様々な治療が必要ですが、時間が無いため、とりあえず上下の歯に短期審美歯科治療用マウスピースを行うことにしました。

削らない痛くない短期審美歯科治療用マウスピース東京治療前1

上顎、下顎共に、審美歯科治療用マウスピースを装着した状態です。
製作には3週間ほど掛かりましたが、結婚式にも間に合い、笑顔が素敵な良い記念写真が沢山出来ました。

もちろんこの後、根本的な歯科治療に移行しました。

審美歯科治療用マウスピースについての詳細はこちらをご覧ください。

削らない痛くない短期審美歯科治療用マウスピース東京治療後1

2016年1月22日放送のフジテレビ「全力!脱力タイムズ」にて
当院で行っている歯を削らないで虫歯を治す治療が紹介されました

番組の詳細についてはこちらをご覧ください

2013年6月4日放送のTBSテレビ「Nスタ」にて
当院で行っている痛くない虫歯治療が紹介されました

番組の詳細についてはこちらをご覧ください

歯を削らない虫歯治療の患者さん日記ページへ リンク
ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約