審美歯科治療について
審美歯科とは
審美歯科千代田区霞が関・港区虎ノ門写真1

審美歯科とは、文字どおり歯を美しくするという意味ですが、本当の審美歯科の治療は、ただ単に歯をきれいにするだけでなく、歯と歯茎の健康も取り戻し、お口の中全体を健康で美しくするということなのです。 

審美歯科治療の基本は、歯を漂白したり、虫歯を健康な歯にそっくりな白い歯に入れ換えたり、歯並びを良くしたりすることです。

しかし、審美歯科でいくら歯を白くし歯並びを見た目だけきれいにしても、 審美歯科治療の後、時間と共に、歯茎が腫れたり、差し歯の周りの歯肉が黒く変色したり、根の病気が起こったりして、歯の寿命を短くしては、意味がありません。

審美歯科治療のトラブルや失敗の治療法についての詳細はこちらをご覧ください。

審美歯科治療にはお口の状態によって何通りも方法がありますが、ただ単に見栄えをきれいにするのではなく、歯と歯茎の健康を維持し、お口の中全体を長期に健康で美しい状態に保つことが、審美歯科のめざすところです。

審美歯科に最適な差し歯

差し歯の周りの歯茎が黒く変色している方を見たことがある方は多いのではないでしょうか?

差し歯の周りの歯肉が黒く変色するのは、内面に使われている金属のイオンが、歯肉に溶け出しているからなのですが、現在は金属を使用しないジルコニアオールセラミッククラウンと呼ばれる差し歯もあり歯肉の変色を防ぐことが可能です。

ジルコニアオールセラミッククラウンは、最新の金属を使用していない差し歯で、従来のオールセラミッククラウンよりも精度と強度が各段に良く、金属を使用した差し歯よりも透明感、自然感が高いのが特徴です。金属が全く使用されていませんので、良く出来たジルコニアオールセラミッククラウンは歯科医が見ても一見差し歯とわからないことがあるほどです。

ジルコニアオールセラミッククラウンの詳細についてはこちらをご覧ください
歯茎が黒い差し歯の治療法についてはこちらをご覧ください。
天然歯のようなプラスチックの詰め物 (コンポジットレジン)

コンポジットレジンとは、歯科医院で前歯の虫歯治療を行ったことがある方なら、ほとんどの方がご存知のプラスチックの詰め物のことです。

コンポジットレジンは、前歯のみならず、奥歯にも使われ、処置が一日で終わる、色が歯と同じなので目立たない、歯を削る量が少ないなど、様々な利点があります。

反面、一般的に使用されているコンポジットレジンは、歯と同じような質感、色、なめらかな舌触りにならなかったり、経年変化で変色が起こったりと、色々問題もありました。

しかし、近年開発されたエステライトプロというコンポジットレジンは、一般的なコンポジットレジンには無い様々な特徴によって、本物の歯に近い質感、色調、舌触りを可能にしました。

エステライトプロコンポジットレジンについての詳細はこちらをご覧ください。
セラミックベニア(ラミネートベニア)

セラミックべニア(ラミネートベニア)は、歯の表面の一層を薄く削ってセラミックの板を接着する治療法です。 

セラミックべニア(ラミネートベニア)は、通常のセラミックの被せ物が歯全体を大きく削って被せるのに対して、歯の最表層のエナメル質を残して歯を薄く削るので、歯への影響が最小限で済む利点があります。

セラミックべニア(ラミネートベニア)は、実はかなり以前から行われていた治療です。しかし以前は、セラミックと歯を接着する技術や、薄いセラミックを作る技術があまり進んでいなかったため、見栄えやもちが良い治療とは言えませんでした。

しかし近年、接着技術が飛躍的に進み、セラミック技術も良くなったことから、従来のセラミックの被せ物と比べても、耐久性や審美性に優れた治療が行えるようになってきました。

セラミックベニアについての詳細はこちらをご覧ください。
歯茎が黒い差し歯の治療法

差し歯の周りの歯茎の色が黒くなってしまっている方は、多くいらっしゃいますが、ほとんどの方は、差し歯の周りの歯茎の色は黒くなるのが普通だと思って、諦めている方が多いと思います。

しかし、実は差し歯の周りの歯茎の色が黒くなるのには、きちんとした原因があり、その原因を取り除くことによって、差し歯の周りの歯茎の色や状態を改善することができるのです。

歯茎が黒い差し歯の治療法についての詳細はこちらをご覧ください。
歯を削らない白い斑点(ホワイトスポット)治療

ホワイトスポットには、歯の表面のエナメル質が酸性になることによって、エナメル質のカルシウム成分が少なくなり、脱灰という虫歯の初期症状を起こして、白濁してしまうものと、エナメル質形成不全という歯ができる時に起こる白濁の2種類に分類され ます。

従来までのホワイトスポットの治療法は、白い部分を削ってプラスチックで詰めるか、カルシウムを補う歯磨き粉を使用して、時間を掛けて自然治癒を待つなどの方法しかありませんでした。

しかし現在では、初期虫歯とエナメル質形成不全のホワイトスポットのそれぞれに、削らないで治療する方法があります。

ホワイトスポット治療についての詳細はこちらをご覧ください。
審美歯科で行われるホワイトニング

どんなに年齢が上がっても、やはり白い歯にはあこがれるものです

また、歯の白さは、見た目の第一印象を大きく変えますので、女性ばかりではなく、仕事関係で多くの方に合う機会がある男性の方々でも、白い清潔な歯は大切です。

審美歯科治療で行われる歯の漂白には、大別すると、歯科医院内で行うオフィスホワイトニングと、患者さんが自宅で行うホームホワイトニングに分かれます。

オフィスホワイトニングは、効果がその場で出るので、急いで歯を白くしたい時などには有効ですが、反面、歯の表面を中心に漂白しますので、長期間、白さが持続しない場合があります。

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングに比べると効果が出るのが2,3日から1週間程度と遅いのですが、低濃度の ホワイトニング剤で長い時間をかけて、歯の内側までゆっくり漂白するので、白さの持続が長いのが特徴です。

オフィースホワイトニングを行った後に、白さを長期間持続させるには、ホームホワイトニングを併用して行うデュアルホワイトニングを行うと、オフィースホワイトニングでの白さがより持続します。

オフィースホワイトニングについての詳細はこちらをご覧ください。
ホームホワイトニングについての詳細はこちらをご覧ください。

また、あくまで暫定的な処置ですが、冠婚葬祭などで早急に金属色などを隠したい方のために、ホワイトコートと呼ばれる一時的に歯を白くする治療法もあります。

ホワイトコートについての詳細はこちらをご覧ください。
歯の艶を増すMIペースト

MIペーストは、私たちの歯の構成成分であるカルシウムとリンのミネラルを豊富に含むペーストで、これにより、歯の再石灰化を促進させるミネラルペーストです。

また、MIペーストには、カルシウムとリンのミネラルによってエナメル質を強化して歯の艶を増す効果もあります。

さらに、MIペーストには、ホワイトニング中のしみを緩和する効果やホワイトニングで歯に白い抜けが出来てしまうホワイトスポットの予防にも効果が期待できます。

MIペーストについての詳細はこちらをご覧ください。
ホワイトニング効果を促進させるヒールオゾン

ヒールオゾン治療は、オゾンの高い殺菌力を利用して、虫歯菌の殺菌を行う治療で、ドイツを中心にヨーロッパ諸国やアメリカで広く行われている治療方法です。

オゾンは、虫歯菌の殺菌に加えて、歯をアルカリ性に変える働きがあり、アルカリ化は、ホワイトニングに使用する過酸化水素を活性化させる効果があります。

ですので、ヒールオゾンを歯に照射することで、ホワイトニングの反応をスピードアップさせる効果が期待できます。

ヒールオゾン治療についての詳細はこちらをご覧ください。
下がった歯茎を戻す治療法

審美歯科では、歯の色や形も大切ですが、健康な歯茎も重要なポイントです。

例えば歯周病が進んだ歯茎は、歯を支えている歯槽骨が少なくなりますので、その上にある歯茎もいっしょに下がってきます。

また、歯周病でなくても、加齢によって歯茎は下がりますので、歯と歯の間の歯茎に 隙間が出てきます。

そんな時、今までは歯茎を元に戻す効果的な方法が無く、差し歯を大きく作るなどの不自然な方法で歯茎の隙間を埋めるような治療が行われてきました。

しかし近年、元々体内にある成分のヒアルロン酸によって、下がった歯茎を戻す方法が開発され、ある程度の効果が出ています。

下がった歯茎を戻す治療法の詳細はこちらをご覧ください。
歯を削らない短期審美歯科治療用マウスピース

短期審美歯科治療用マウスピースは、今ある歯をほとんど削ることなく、歯に装着するだけで綺麗な歯並びになる取り外し式の装置です。

審美歯科治療用マウスピースは、歯になんらかのコンプレックスがあって、いつも人前で笑えなかった方、歯科治療が苦手で、なかなか歯が治せなかった方、結婚式、面接、記念撮影等、急な行事で審美歯科治療を根本からしている時間が無い方などに有効です。

また審美歯科治療用マウスピースは、通常の審美歯科治療に比べて、比較的安価ですので、今まで費用の面で治療が出来なくて、人前で歯を見せられなかった方にも有効です。

歯を削らない短期審美歯科治療用マウスピースについてはこちらをご覧ください。
審美歯科治療後のメインテナンス、パーフェクトペリオ

前記したように、審美歯科治療の最終的な目標は、ただ単に見栄えをきれいにするのではなく、歯と歯茎の健康を維持し、お口の中全体を長期に健康で美しい状態に保つことです。

ですので、一旦、審美歯科治療が終わっても、歯と歯茎を良い状態に保つためには、日々のお手入れなどのメインテナンスが欠かせません。

従来であれば、 審美歯科治療後のメインテナンスは、定期的な歯科医院でのお掃除や歯磨きを念入りに行う程度しか、方法がなかったのですが、最近、パーフェクトペリオという殺菌水で、審美歯科治療後のメインテナンスを行う方が増えてきて、効果が出ています。

パーフェクトペリオは、お口の中の虫歯菌や歯槽膿漏、歯周病菌を、毎日10秒間うがいすることにより、ほぼ完全に殺菌することが出来る殺菌水です。

強い殺菌力に反して、体への影響はほとんどなく、虫歯予防、歯槽膿漏、歯周病治療の全く新しい治療法として、今注目されています。 

パーフェクトペリオについての詳細はこちらをご覧ください。
エナメル質を歯磨きで修復して透明感のある白い歯に

歯の表面はエナメル質という歯質で覆われていますが、このエナメル質には、毎日の食事や歯磨きによって、目に見えないミクロの傷が出来てしまいます。

そして、その傷に歯垢や着色などが付着して、傷と共に歯の白さ、透明感を低下させているのです。

アパガードリナメルは、歯の汚れを落とすだけでなく、歯の主成分のハイドロキシアパタイトを補うことで、表面のミクロの傷やミネラル欠損部を修復し、白く健康な歯に する歯磨き剤です。

アパガードリナメルについての詳細はこちらをご覧ください。
審美歯科の治療例(41歳男性)
審美歯科(東京都千代田区霞が関)治療前41

右の写真は、審美歯科治療をご希望で、前歯の変色をどうにかしたいと来院された方です。

レントゲンを撮ると、この2本の歯は神経がとってあることがわかりました。

歯は神経がなくなると、歯質が死にますので、樹木が枯れ木になるように、弾力がなくなりもろくなっていきます。

そして色も暗く変色していきます。

審美歯科(東京都港区虎ノ門)治療後41

写真は審美歯科治療後です。

2本の歯はジルコニアオールセラミッククラウンの差し歯にしています。

差し歯にする前に上下の前歯すべてをホームホワイトニングで漂白し、差し歯の色により明るい色を選ぶことができました。

審美歯科治療の一環で、歯茎も処置したので、良い状態に戻っています。

また、審美歯科治療終了後はパーフェクトペリオホームケアを使用していただくことで、お口の中に虫歯菌と歯周病菌が居ない状態を保つことによって、良い状態を長く保っています。

審美歯科の治療例(33歳女性)
審美歯科(東京都千代田区霞が関)治療前ay-211
治療前

前歯のあちこちに部分的に、プラスチックの詰め物がしてあるのですが、色が変わってきてしまい、綺麗に詰め替えたいとのことで来院されました。

審美歯科(東京都港区虎ノ門)治療中ay-211
古いコンポジットレジン除去

歯の色自体も白くしたいとのご希望があったため、まずそのままオフィースホワイトニングを行い、歯を白くしました。

古いプラスチック(コンポジットレジン)を外してみると、詰めていた範囲は広範囲に点在していて、プラスチックの下に虫歯や歯の着色もありました。

審美歯科(東京都千代田区霞が関)治療後ay-211
コンポジットレジン治療後

そこで、エステライトプロコンポジットレジンの「オぺークシェード」で着色が表面に出ないようにして、「エナメルシェード」「ボディシェード」を重ね合わせて天然の歯に近い色合いと質感に詰め直しました。

エステライトプロコンポジットレジンについての詳細はこちらをご覧ください。

審美歯科の治療例(53歳女性)
審美歯科(東京都港区虎ノ門)治療前53

差し歯をした歯茎が黒くなってしまったのを治したいといらっしゃった方です。

非常にはっきりした黒い線が歯茎に現れていて、前歯のために恥ずかしくて、歯を見せて笑うことが出来ない状態でした。また、写真の向って右側の差し歯も、歯茎が上に上がってしまい、差し歯と歯茎の堺が見えてしまっている状態でした。

3本の差し歯を確認したところ、差し歯の内側には、銀を含む合金が使用されていて、その銀イオンが歯茎と接するところから、歯茎へ溶け出して歯茎を黒くしている可能性が高い状態でした。

またレントゲンで確認したところ、歯の根の心棒には金属の心棒が使用されていて、その銀イオンが歯の根の象牙質の細管に入り込んで、根を変色させている可能性が高い状態でした。

お話を聞くと、右側の2本の差し歯も以前は歯茎が黒く変色していたそうですが、しばらくすると歯茎が上に上がって変色が無くなった変わりに、歯の根が見えてしまったそうです。

審美歯科(東京都千代田区霞が関)治療後53

写真は、治療後の状態です。

3本の差し歯の土台を金属を使っていないファイバー樹脂の心棒に変え、差し歯も金属を使用していないジルコニアオールセラミッククラウンで作り直しました。

上記の処置をしたところ、歯茎の黒ずみは、だいぶ解消しましたが、長年歯茎が黒かったため、色素が歯茎に残っていて、完全には色が取れませんでした。

そこで、歯科用レーザーを使用して色素を取り除いたところ、歯茎の黒い色素がほぼ完全に取れ、きれいな歯茎に戻り、人前でも思いきり笑えるようになりました。

審美歯科の治療例(64歳男性)
審美歯科(東京都港区虎ノ門)治療前64

審美歯科治療をご希望で、奥歯の金属の被せ物や詰め物の色が気になるとのことでいらした方です。

診査の結果、金属の下や周りの歯にも虫歯があったので、両側の奥歯4本づつ、合わせて8本をGESクラウンにすることにしました。

審美歯科(東京都千代田区霞が関)治療後64

写真は審美歯科治療後です。

両側の奥歯4本づつ、合わせて8本をGESクラウンにしています。

治療前にホーム ホワイトニングで前歯を漂白し たので、差し歯の色により明るい色を選ぶことができました。

また、治療中にパーフェクトペリオでの虫歯菌と歯周病菌の完全除菌を行い、治療後はパーフェクトペリオホームケアを使用していただくことで、お口の中に虫歯菌と歯周病菌が居ない状態を保つことによって、良い状態を長く保っています。

審美歯科の治療例(52歳女性)
審美歯科(東京都港区虎ノ門)治療前52

審美歯科治療をご希望で前歯を何とかしたいとのことで、いらした方です。

やや受け口の方だったので、 審美歯科治療の一環として矯正を併用して治療することにしました。

審美歯科(東京都千代田区霞が関)治療後52

写真は審美歯科治療後です。

上の歯を前に動かし、下の歯は後ろへ倒して、正常な噛み合わせにしたあと、前歯6本を差し歯にしました。

GESクラウンの差し歯なので、差し歯の周りの歯茎が黒くならず、自然な感じに治せました。

審美歯科治療の一環として歯茎の処置もしたので、歯茎の状態が良くなりました。

また、審美歯科治療終了後はパーフェクトペリオホームケアを使用していただくことで、お口の中に虫歯菌と歯周病菌が居ない状態を保つことによって、 良い状態を長く保っています。

他の審美歯科の治療例はこちらをご覧ください。

審美歯科治療の患者さん日記ページへ リンク
ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約